Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

フルーツパパイヤ少しですが販売します

なかなかスンナリ暖かくならないですな・・・今日も農園では早朝気温がほとんど10度近くまで下がってほぼ真冬並み。パパイヤの調子は相変わらず遅々としておりご注文再開いつできるか大変心配です。

今回の悪天候による影響は、昨年秋以降に開花した花(の果実)に出ているわけですが、その前に順調についていた実はそのまま大きくなっており、果物パパイヤとして少しずつ収穫開始しています。

まだ本家サイトのご注文フォームは直していません(今夜中に直す予定)が、フルーツパパイヤについてはご注文をお受けします。
しかし、今年はフルーツとして収穫できる果実もあまり残っていません。不本意ながら超短命な季節商品になります。たぶんこれから1ヵ月くらいしかありませんので、ご希望の方は明日以降ご注文よろしくお願い申し上げます。また一度に適熟のものが多く採れるわけではありませんので、ご注文をお受けしてから発送まで数日お待ちいただく場合もございます。

下は本日の昼飯のサラダです。果物パパイヤは常に試食しておりますが、先月までは味も糖度も乗らずイマイチでしたが、ようやくおいしくなりました。

フルーツパパイヤ販売前のサラダ

ついでに書いときますが、パパイヤ以外はですね、サラダの葉はオークリーフ、キュウリ、トマトは小さめの「ルネサンス」半分、サラダ用パスタ。ゆずドレッシングです。
野菜はすべて自家菜園&隣の川満農園から。
スポンサーサイト
    13:11 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

パパイヤご注文について(業務連絡)

この記事は私オジィの仕事上の本家サイト(石垣島パパイヤオンライン)に関する業務連絡です。

2月からしばらくの間、パパイヤのご注文受付を一時的に中断させていただいております。ご愛顧いただいております方々には大変ご迷惑・ご心配をお掛けいたしますが、何卒ご了承ください。

現在定期的にご注文いただいている方々には下記のお知らせメールを個別にさしあげましたが、BLOGにも一部転載させていただきます。

***

石垣島パパイヤオンラインより皆様へお知らせとお詫び

石垣島パパイヤオンラインをいつもご愛顧いただきありがとうございます。
さて、サイトでもご案内しておりますが、昨年秋の大雨による浸水、および昨年末からの悪天候により現在収穫可能なパパイヤの実が殆ど無い状態になっております。
サイト開設以来8年間にわたり、安定的に生産・販売を続けてきましたが、今回は隣接するパパイヤ農家(当園と共通の栽培方法で農薬を使用せず)も同様な状況になっており、しばらくの間ご注文受付を休止せざるを得なくなりました。

収量が回復するのは(今後悪天候が続かない限り)4月以降になる見込みですが、その間約2ヶ月はサイトからのご注文を基本的には休止させていただきたく、ここにお知らせ・お願いする次第です。

収穫状況などにつきましては今後サイトのトップページにて随時ご案内申し上げますが、サイト内のオンラインご注文ページにメールでの問い合わせ先を掲載しております。収穫の可否など詳細な情報を必要とされる際には、該当ページの「お問い合わせはこちら」からメールでおたずね下さい。折り返し発送可能時期などをご案内いたします。
今回は大変ご迷惑をおかけする事態となりましたが、諸事情ご賢察の上何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

***


    23:53 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

農園の午後5時

既に梅雨明けしている沖縄地方、毎日朝から晩まで暑い!
下の写真は、私のハウス(画像左の軒高の高いハウス)前の排水溝横にある露地植えのパパイヤが、異常なほどの旺盛な成長ぶりを見せている。露地「植え」ってこれは「植えた」んではなくて「生えてきた」んですけど。

ハウス前パパイヤの午後

ハウス内では約80L程の土を入れた大型ポットに植えているので根域が制限されこんなに繁茂しないんだが、露地だと肥料なんかやらなくてもこれだからスゴいねぇ。まあ台風が来るまでの命・・・かもしれないんだが、殆ど球体のジャングルジムみたくなって今や立派な我が家(ハウス)のシンボルツリーである。
ちなみにこれはメス株で、大きな実もボコボコついています。

この写真を撮影したのは昨日の午後5時前。日陰が長くなっているので、陽が傾いてきている時分だということはおわかりいただけるだろうが、もう夕方ですよ!でも日差しは強烈で、一向に涼しくはならない。

真っすぐ上を向くと、夕方になるとますます空の青も濃く感じられる。ハウスのほぼ真上を通過して間もなく石垣空港に着陸するJTA機。風の弱い日は着陸ルートとして私のハウス真上を通過することが多く、どんだけ真上かっちゅうとですね、JTAかANAかわからないくらい真上を直進して(白っぽい腹の部分を見せながら)通過・降下していくのだ。こちらの画像は本日の、やはり午後5時。今日は少し東寄りを通過していて、尾翼の色もはっきり見える。

JTA夏の旅降下中

今日も一日、暑かった!
    22:34 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

明治屋「石垣島フェア」明日から開催です

お知らせでございます。
恒例の「明治屋 石垣島フェア」が明治屋様各店舗にて明日から開催です。

明治屋様サイト

上記サイト内に各店舗情報がございますので、お近くにお越しの際はお立ち寄りください。

石垣島の泡盛やお菓子をはじめ、農産物、農産加工品などが展示・販売されます。
私の農園からの「青パパイヤ」は東京都区内の3店舗(広尾・玉川・六本木各ストア様)と、仙台一番町ストア様です。青パパイヤだけでなくフルーツパパイヤもあります。

店舗により取扱品に違いがあるようですが、果物で今の旬のもの、といえば「ピーチパイン」「スナックパイン」など。それから「ロイズ石垣島」の石垣島オリジナル製品や、あの「石垣島ラー油」も何店舗かで販売します。

私の青パパイヤは都内3店舗様では以前から販売していただいておりますが、今回初めて「仙台一番町ストア」様にもお送りしました。きっと「何だこりゃ」と思われるお客様も多いのではないか、と楽しみです。
    23:24 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

パパイヤ牛乳のつくりかた

パパイヤ牛乳のつくりかたって言ってもですね・・・
パパイヤ数切れ&牛乳をミキサーにかければすぐできます。

といってはミもフタもありませんので、自宅で作っているところを撮影しました。しかし手順としては上記のとおりですので、画像を載せるまでもないんだが・・・

なんで載せるかっちゅうとですね、これがおいしいんですよ。ホントに。パパイヤとミルクはまさに「相性が良い」組み合わせで、ぜひお試しください。

パパイヤミルク準備

2人分の目安として、牛乳300ccに対し、パパイヤ5切れ(小さい実の1/4使ったので100g弱)入れました。

パパイヤミルク果実と牛乳入れた

果実は完熟で柔らかいため、ミキサーにかけるのはほんの一瞬です。ピンク、というかごく薄い紅色になります。

ミキサーにかけた直後

グラスに注ぎました。この分量では思ったより色が白く、牛乳の味がまだ勝っている、というところです。このあたりはお好みですが、かなりパパイヤの分量が多くてもOK。

グラスに注いだパパイヤ牛乳

今回は(というかウチではいつもこうだが)最初の写真でご覧いただいたようにあらかじめカットして冷蔵庫に保存してあるものを使っています。このようにカットしておけばそのまま、あるいはサラダに添えたりしてすぐに食べられますし、ジュースにする際にも便利です。
また、「ちょっと熟れすぎちゃった」とか、「切ってみたら若干未熟だった」ときには、しょうがないとそのまま生食するよりはパパイヤ牛乳にしてしまうのがオススメです。

特に完熟手前のものを切ってしまった時など、ジュース(パパイヤ牛乳)にして甘みが足りないと感じるときには加糖して調整できます。この甘み調整には「砂糖」よりも「蜂蜜」を使用するとなおよろしい。(蜂蜜による甘さ調整は台湾出身の方に教わりました)

「パパイヤ牛乳」は台湾では非常にポピュラーな飲み物ですが、最近は沖縄本島の農産物直売所などで他のフルーツ・野菜ジュースなどと並んで販売しているところもあります。

さて、パパイヤ牛乳はつくりたてを早めにごっくん!と飲んでください。あとで飲もう、と冷蔵庫にいれておくとですね、固まります。今回くらいの分量ではそうでもありませんが、パパイヤと牛乳半々くらいになると冷蔵庫でしばらく置いておくとババロア状になりますのでご注意ください。
私の知人(関西在・女性)がかつてパパイヤ牛乳作って残りを冷蔵庫に入れといたら「フルー○ェのやらかい版みたいになったのでスプーンで食べた」そうだ。
固まってもまあそれなりに一応おいしいんですが、これはまた1日も置くと「苦み」みたいな味が出てきますので、ともかくお早めにどうぞ。

固まるのはパパイヤに含まれるペクチン成分によると思いますが、きっとそれ以外の酵素類か何かが苦みを生み出すのでしょう。お菓子作りに詳しい方はこのあたりご存じかもしれません。

    07:39 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

フルーツパパイヤのベストシーズンです

前回記事冒頭に書いたように、我が農園のパパイヤはフルーツとしては今が一番おいしい。この後1ヵ月くらいがベストシーズンである。パパイヤは通年結実し、熟するので、フルーツパパイヤは年中いつでもといいたいところだが、この後真夏の期間は熟れ方にムラが出たり、食感(テクスチュア)がイマイチになるので私は出荷しません。

というわけで、まあ今日は宣伝広告になってしますが、残るひと月余りどうぞ皆さんおいしいフルーツパパイヤを召しあがってください。(気温の状況にもよりますが、今シーズンはGW開けころまでの販売になる予定です。フルーツ販売の再開は今年の10月以降です)

先月、沖縄読谷産サンライズソロのご紹介をしましたが、同様な写真を撮ってみます。
これが私の農園メイン品種の「ワンダーフレア」完熟果ハーフカットでございます。

ワンダーフレアハーフカット1

どうですか。カタチ的にはサンライズソロみたいに「絵になる」とはいえませんが、綺麗に熟れていて悪くないじゃん・・・とはまさに手前味噌か。

黒バックで、また光の具合で果肉色が「濃い黄色」に見えるが、実際はもっと赤っぽいです。
さらにメロン風に(?)カットしたのが下の写真です。内側のタネや白く見えるセンイ状の部分はナイフで取り除きましたが、不器用なものでちょっとガタガタしています。これはひとえに普段包丁を使わないこの私のせいでございます。この2切れで上の画像ハーフカットのさらに半分です。写真右側はレフ板のつもりで置いたお菓子の箱。

ワンダーフレアメロン状カット1

さあ、ビタミンCもたっぷりの完熟パパイヤで皆さんも手が黄色くなるか試してみましょう!
    15:29 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top

泥汚れのハウス

ハウス(温室)がきたない。それも外側が泥だらけ、いや、正確には砂だらけか。
泥汚れのハウス屋根にかかるのは満月、ではなくて夕方の太陽です。晴れて雲は殆どないんだが、太陽の形をまともにくっきりとみることができる。

黄砂の夕暮れ

昨日から日本全国あちこちで観測された黄砂であるが、八重山地方は本日もすごい。夕方など近くのバンナ岳も見えないし、まるで霧雨がふっているかのように見える。こんな本格的な黄砂はちょっと珍しいくらいではなかろうか。

今日は風がおさまったのでまだいい方だが、昨日の南東の風でハウスの東&南側面はすっかり茶色くなった。ホースで水をかけてみると泥水ドロドロになるのであわててやめた。大雨が掃除してほしいが、明日もまだ晴れの予報。
    23:41 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。