Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

アーティスト大竹伸朗

もう少し前の話になるが、書店でブラブラしていたら大竹伸朗の文字が飛び込んできたので思わず手にとって、すぐに買った。私は大竹伸朗の作品を現物で見たことはないが、10年以上前偶々手にしたSOという作品集を見て、決定的に尊敬してしまったのである。
今回見つけた雑誌はSTUDIO VOICE という、(自分は)絶対買わない種類の雑誌なのであるが、とにかく買った。約30ページ足らずの都築響一や生西康典との対談がもう最高に面白い。
先日外原淳さんのことを書いたとき、人間国宝の金城次郎さんを「あの人は職人だから」といったと書いた。そこで私がボンヤリ感じていたことを(たまたまであるが)生西氏との対談の中に見つけたときにはちょっと溜飲が下がった感じがした。ちょっとだけ端折りながら引用すると・・・

人間国宝の人とかってもちろんとんでもない技を持っててさ、すごい重要な人たちなんだけど、基本的に結局銭を貰ってるという前提があるからね。やっぱり依頼があって、お金が貰えるという前提があってじゃない?それは一生懸命やると思うんだよ、仕事として。(・・・)
作る目的が、社会に機能していかないようなものとかが芸術に近い気がするんだよね。(・・・)

さて、先に書いたとおり、私はこういうたぐいのチョイナチョイナの雑誌が嫌いで、(すみませんね)一応その他のページも目を通したが全く他は読むところなしである。腹がたってきたので、肝心の特集記事の部分だけ保存して他は捨てることにした。(普段はいくら雑誌でも破ったりするのは非常に気がひけてやらないが)すると見開き右ページから記事が始まっているので、新しく表紙?になったところはタバコのラッキーストライクの広告ページ、そして裏表紙?は草間やよいのコンバース・ドッツ・オブセッションの広告、というわけで、いかにも大竹伸朗っぽくなったと自己満足。

大竹伸朗全景1955-2006 東京都現代美術館 10/14-12/24 だそうです。
スポンサーサイト
    06:58 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

朝顔「月夜野」

先日茶色系の朝顔「団十郎」を紹介しましたが、今回は黒鳩(こういう言い方するんですね)縞の「月夜野」です。写真では薄い色合いになってしまいますが、大変渋い色で、縞のコントラストも、大きく抜ける筒が美しく、こちらも有名な品種のひとつです。
月夜野2

これは縞と白い点々のような柄が混在し、ちょっと中途半端な感じですが、白い点(吹雪といいます)が全面に出るような変異(総吹雪)もよく起こるようです。ちなみに、もう一株隣にある月夜野は、ほとんど白で、かすかに色あせたような縞があります。まあ、こういったことは朝顔ではよくあることで、もちろん良い色が出れば選抜・固定して新しい名前がついたりすることもあります。
    18:51 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

水稲

石垣島でも水稲はつくられているが、ほとんど二期作で、三期作をされている方もいる。最近ハウスの近くの水田の稲穂が色づいてきて、収穫間近のようである。これは一期目で、なんといっても台風が襲来する季節の前に収穫できる、という点では安心なのだろう。お米の味にはいろいろウルサイ方も多いけれども、石垣島産のお米も新米はやはりとてもおいしいですよ。
水稲0527

    18:24 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

グッドスマイル2

昨年12月8日に既に紹介した、タキイの新しいミニサイズひまわり、グッドスマイルであるが、4月上旬に種蒔きしたものが先週から開花している。前回は(暖かいとはいえ)冬の時期だったせいか、比較すると今回は花径もやや大きめ。9cmポットと12cmポットに植えたものがあるが、ポットの大きさに比例して花も大きくなってくるのも面白い。でも開花時期はほぼ揃うようである。

グッドスマイル060522

    06:17 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

My Favorite Tools

今日は気温がやや低めではあったものの快晴で、とても梅雨入りしたとは思えない天気でした。この土日でハウスの天窓を修理する予定で(といってもホームページに載せている築3年の私の新ハウスが壊れたワケではなく、隣接する平成8年のハウスですので念のため)朝から天気も良いし気合入れてやりましたが、ようやく半分終了・・・明日も一日かかりそうです。
今日役に立ったもの

もちろんいろいろな工具を使いますが、今日とりわけ役にたったのがこれらのもの。右はコードレスインパクトドライバ、中央(上)はバイスグリップ、そして(本当はこれが載せたかっただけ)地下足袋状の作業靴。ハウスの上(屋根)で作業するときは私はすべりにくいデッキシューズを履いていますが、ハウス業者の方などは地下足袋が多い。でもご存知の方も多いでしょうが地下足袋履くのってけっこう面倒なんですよ。そこで川満弟が愛用していたこの作業靴を今日初めて試してみました。ハウスの屋根に登ると、お!?って感じです。悪くないです。いいえ、かなり良いです。マジックテープですぐに履けるし、しかも安売り店でもないのに1,550円でした。本当かどうか知りませんが消臭機能あり、とまでうたわれております。
    19:27 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

朝顔「団十郎」

茶色系朝顔の非常に有名な品種、団十郎が開花した。
団十郎初開花

花色は栗皮茶、というらしいが、上品で明るめの茶色で筒白なので大変美しい。葉は黄色い蝉葉、新団十郎という斑入り葉(黄蝉葉)のものもあるようで、上手に切り込み作りや数咲作りにすればさぞかし素晴らしいでしょう
    07:37 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

いなむるち(いなむどぅち)

昨日の残りをあたためなおしたので素材の形が相当くずれていますが、沖縄の行事に欠かせない汁物のひとつ、いなむるちです。まあ、味噌の濃い豚汁みたいなものです。豚肉、こんにゃく、しいたけ、大根、にんじん、かまぼこが入っています。味噌は白味噌で、トロトロになるくらいの量を使います。沖縄の食品スーパーにはいなむるちこんにゃく、とかいなむるち味噌などと明示された、いなむるち用にきちんと短冊に切ったものが売られていたりもします。
いなむるち

    12:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

名称不明

ホームページの季節の花便り、先日更新したのは今更という感もあるがハイビスカスであった。これを撮影していた近くの植栽がとてもかわいい花で満開だったが、これは今のところ正式名称がわからない。
名称不明1

名称不明2

葉をみるとノボタンの一種のような気がするのだが、花は大きな梅の花のような形で、細いおしべが沢山あるのがちょっと別の花の仲間か。花色も日数がたつと白っぽくなって美しいグラデーションをなしている。どなたか名称をご存知でしょうか?
    12:22 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

スナックパイン

石垣島のパイン、といっても何種類もあって、おいしい時期もそれぞれ異なっています。今いちばんおいしいのはスナックパインとよばれるボゴール、それからピーチパインとよばれるものでしょうか。この写真はボゴールの小さい実のもので、通常1kgくらいの大きさですが、小さいサイズで熟れてしまったものをいただいたものです。
ボゴール

スナックパインという名は、実をちぎって食べることができることからきていますが、芯まで食べられる、というのが大きなポイントだと私は思います。甘みが強く、酸味は少ないので、パインらしさを求める人はハワイ種を好む方も多いですが、まあともかく今月いっぱいが甘みも強くてベストシーズンでしょう。
写真でおわかりのように、葉っぱや実のトゲトゲがキツいので、注意して扱わないとちょっとイタイです。収穫する農家は葉っぱのトゲが難儀なためにボゴールはヤだなーという方もいます。

    06:59 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

タイバジル

日本ではシソ、イタリアンにはスイートバジル、とシソの仲間もいろいろあるようですが、これはタイからのタネで育ったタイバジルです。
バジル花1

こういうのもあります。
バジル花2

タイでは主にバイ・カパオ、バイ・ホラパー、メングラックという3種類のバジルが使われるそうで、3種類のタネをまいたが、メングラックというのはタネが悪かったのか発芽しなかった。上の写真のものも茎の色が白いのや赤いのやいろいろあって、香りもややミント系のものからレモングラスのような香りのものまである。
ウチでは、うーん、どうやって使うんだろう・・・
    14:49 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

アサガオ2006

毎年趣味的に少しずつ植えている朝顔、今年は一部を試験的に超早蒔きしてみた。播種は4/3で今朝一番花が咲いたので、36日目の開花。
黒王変2006

どちらも筒白なので色がとても映える。本当はもっと大輪に咲かせたいところだが、最初の花はまあ、こんなものである。
このような大輪の朝顔は一般的に稔性(タネができること)が良くなく、しかも石垣島のような気候では高温すぎてさらに悪い。そんなわけで早蒔きを試しているのだが、今回はちょっと早過ぎた。というのも、成長点が花芽になってしまうものがいくつも出たから。1週間後の4/10に蒔いたものは今のところ普通に育っているので、沖縄では4月中旬蒔き、というのがいいみたい、と私の勝手な結論。
    19:43 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

シカクマメ

ホームページの季節の花便り、昨年6/8にご紹介したシカクマメ、冬の間はこちらでも葉っぱが枯れたりするが地下(イモができている)は生きていて、4月ころからまた新芽がどんどん伸び始める。花も咲いて、今はこんな小さい莢がついている。
シカクマメの若莢

まだ長さ4cmほどの若莢。今月の下旬には食べごろになりそうだ。
天ぷらで食べるのがとてもおいしいが、私がウチでよくやるのはこれ。
シカクマメとオクラのあえもの

これはシカクマメとオクラのあえもの。茹でたシカクマメとオクラを白ダシを少し加えてあえたものです。もう既に夏のオカズになってしまいましたね・・・
    19:39 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。