FC2ブログ

Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ムーチー

旧暦12/8の今日は沖縄ではムーチーの日で、ムーチーを作って仏壇に供えたり親戚に配ったりする。厄払い、そして家族の、特に子供の健康を祈願するものである。今日は親戚のお母さんからいただいた。
ムーチー1

サンニン(月桃、げっとう)の葉に包まれているのはお餅、餅粉と砂糖(黒糖やとうきびなどを使うことも多い)だけで作ります。葉っぱを開いて、というより裂きながら葉っぱについた餅をこそぐように食べる感じになります。丁寧に葉をはがしてみるとこんなふうになっています。
ムーチー2

こちら(石垣)ではカーサーもち、という人も多いのですが、カーサーは葉っぱ、の意味、葉っぱに包んだ餅という意味になりますが、本来ムーチーは鬼餅とも書き、これにはちょっと面白い意味があります。ムーチー、で検索するとたいていどこにも書いてありますので、興味のある方は調べてみてください。

寒気が訪れるこの頃の寒さをムーチービーサというが、今年は本当に暖かい日が多い。しかも今日は久しぶりの快晴で昼間は爽やかな日和であったが、夜7時すぎからいきなり雨と強い風。週末にかけて気温はぐっと下がるとの予報。

スポンサーサイト
    22:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

添え花と呼ばれて

カスミソウ1

皆様よくご存知のカスミソウ、八重咲きでけっこうボリュームがあるが、花束などで主役になることはまずない。いつも赤いバラやユリに添えられてしまう。というか、今や赤いバラにカスミソウ、なんて所望する人も少ないのではないかと思うが、どうなんでしょう。でもこちらの花屋さんではカスミソウ、ソリダゴ、ソリダスターなどが添え花として必ず置いてあるようです。

カスミソウはそれだけを飾るととても新鮮だ。下の写真のように和室にも合う。それこそ添えるとすればグリーンを少しだけにしたい。
カスミソウ2


和のイメージがない花でも色合いによっては和室に合うものもある。下の写真はアルストロメリア、ピンクではあるが緑色かかっていて、なんと花粉も緑色。これは変な色だ、と思ったが、沖縄の焼き物に挿して畳に置いてみるとなんだか妙にしっくりきてませんかね?
アルストロメリア

ついでながら、私は無地の(スポットレス)アルストロメリアがやはり好きである。真紅や黄色など、本当に鮮やかな色、艶があって美しい。ただ主茎から何本かの花茎が出て、まるで折りたたみ傘を半分ひらいたような形なものだから、上の写真のように切り分けないとそのまま1本まるごとでは扱いにくいような気がします。
    12:17 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

チューリップ/バカラ

ここ数日カミさんが留守にしているのでテレビは見ない。そんなわけでテレビの前にチューリップを5本。芯の部分が黒い真紅のチューリップ。
テレビの前のチューリップ

ただ挿しているだけですが、花器はタダモノではありません。バカラのフラワーベース。これは結婚したときにK夫妻から贈られたものです。
バカラ

シンプルなようでなかなか凝ったつくりになっています。それに相当重いのでかなり大きな花でも大丈夫。広い前面から挿した茎がバッチリ見えるので、花を輪ゴムで束ねたりしたら超ダサダサ、茎の美しい花材が映えるのは言うまでもありません。

さて、ついでにこの花のアップです。
チュウリップのどアップ

    23:48 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

適地適飲?

最近体調があまり良くなかったが、食欲は普通にあった。普通でなかったのは「ビールがまずい」ことだった。炭酸はちょっと控えめに、などと処方された薬の説明に書いてあったような気もするが、ともかく夕食時にはビールをあけるクセがついているものだから、ついつい1本、でも悲しいくらい全然うまくないのであった・・・(昨日くらいからおいしくなってます)

えー本題はそれではなく、「オリオンビールって沖縄で飲むとおいしいのに東京(内地)で飲んだら薄くっておいしくないよねーなんか○ド○○ザーみたいでぇー」などという話はよく聞くことである。そうでしょうねえ。逆もまたかなり真だと思いますよ。濃厚なプレミアムビール、とかちょっとこちらでは暑苦しい。やはり飲む場所の気候や食べ物、いろいろな要素がおいしさの感覚をかえるのであろう。

ところで、カミさんはとにかく安けりゃいい、ってことでその日スーパーで1番か2番目に安い(に違いない)発泡酒を買ってくる。でも私が一番好きなのはオリオンの発泡酒、それもオリオンスペシャル辛口生ってやつなんですが、これはたぶん5番目か6番目なのか、とにかく一度も買ってこない。たまには買ってくれよ。

ちょっと話変わって私が以前内地に住んでいた頃に毎日欠かさず飲んでいたのは「紅茶」で、本当に大の紅茶好きであった。特にダージリンのファーストフラッシュ(一番搾り、いや、一番茶ですな)が入る頃にはソソクサと紅茶専門店へ行った。ダージリンはセカンドフラッシュ、オータムナルと季節によってその時期の新茶が入荷するが、多少古くなってもファーストフラッシュ!が好きである。それから中国紅茶のキームンも大好きでこれはストレートもミルクティーもOK、素晴らしい香り。

ところが沖縄ではイマイチ味がピンとこないんですよ。これは単に水のせいではない。(水道水はじめいろいろなミネラルウォーター等も使ってみたから)お茶請けにちんすこう、では合わないのかな?まあなぜかよくわからないがほとんど紅茶を飲まなくなってしまったのでした。で代わりに何を飲んでいるかって?だからオリオンスペシャル辛口生、が飲みたいんです。



    19:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

LIMIT OF LOVE うーみん2

昨日の地元朝刊に広告と一緒に入っていた。
うみまるだより

海上保安庁からのミニ新聞?うみまるだより、であった。
タイトル部分右にはちゃんと仕事着のうーみんがいるじゃないか。初めて見たぞ。
うーみん仕事着

そして右下のお知らせコーナーにはエイサー姿の、え、これはうみまるか、うーみんかわからん。エイサーだからうみまるかな、でも顔はうーみんぽいが・・・
エイサー姿のうみまる

そんなことばかりに気をとられないで、きちんと記事を読むと今度の日曜は石垣空港内の海上保安庁基地の公開があり、引退したYSとの綱引きがあるという。うーん面白そう。うーみんとうみまるも来るのかな?仕事着かな?

このほか、巡視船の紹介や米原海岸のリーフカレント、空中からのマンタ映像など、なかなか面白い写真もたくさんあり、ワープロで作ってカラーコピーした、みたいな手作り感もとても良い。次号はいつになるかわからんが楽しみだ。
    06:19 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

ハーベスター

サトウキビ収穫のシーズンであるが、昨日から雨模様で、今日はさすがにキビ畑で仕事する人の姿は稀である。キビ刈りは大変な重労働でもあるが、石垣島では最近は収穫の50%以上をハーベスターという収穫機で行っている。石垣島にはこのようなハーベスターが確か20台以上あるはず。
ハーベスター

雨の中作業を中断され、やむなく畑の中でオペレータ不在のまま待機?しているハーベスター。以前のはもっと大型であったがやはり悪天候時の操作性や土地条件などから次第に小型化の傾向にあるようだ。これもやや小型な方だと思うが、やっぱり相当デカイ農機具ではある。
刈り倒し、裁断(茎をある程度の長さにバサバサ切っていきます)、枯葉や雑草などのトラッシュ除去、そして後部の大きな網に集茎、とあっというまに作業は進み、これまたあっという間に製糖工場へ持ち込まれます。

    15:16 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

胃カメラで診察

先日来続いている体調不良がなかなか改善しないので、昨日はとうとう病院に行った。大した事はなかろうという感じではあったが、一応胃カメラで診てみようか、ということになり、さっそく今朝診察してきました。胃カメラは初めてで、そろそろやっておかなくては、と思っていたので良い機会だと考えたが、またぞろ余計な心配が頭をもたげ、ウーン万一すぐに入院・手術などとなったらネット販売はどうしようか、ハウスの管理はどうしようか、などととめどもなく心配事が増えてきた。

結局潰瘍などはみあたらず、とりあえず問題ナシ!あーよかった。でもあちこちに軽い内出血のような赤い斑点状の部分があり、胃炎であることには間違いないとのこと。一箇所小さな突起のようなものがあり、その部分は切除して調べることになった。(もちろん胃カメラの装置でその場で切ります)その結果は少し後になる。

隣のハウスの川満兄から胃カメラは死ぬほど苦しい、二度とゴメンだ、などとおどかされていたが、自分はそれほどでもありませんでした。でも診察室で現物を見たときには直径5mmとはいえこんなゴツイの入れるんですか・・・と思ったのは確かです。最近は鼻からとおすものもあるそうで、こちらはさらに痛みや違和感が少ないそうです。

それにしても初めて見る自分の胃の中、普通の人とおんなじような映像(当たり前か)でなんだか安心しました。潰瘍やガンの早期発見には確かに有効なのでしょう。今回を機会にたまにはこういう検査も継続してやらないとね、と思っております。ご参考までに処方していただいた薬10日分とあわせて9.000円ほどでした(保険適用)。


    17:44 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

デイゴ

デイゴ1

これは沖縄ではどこでも見られるデイゴ。2月ころから鮮やかな真紅の花をつけるが、昨年は八重山地区ではほとんど花がみられなかった。一昨年は中型の台風が5回も来襲したせいだとか、虫害のためとか、いろいろいわれているがその後何本もの大木が枯死して、一時期デイゴ大ピンチ説も流れた。
枝先の葉に気になるブツブツがあるのがわかるでしょうか。
デイゴ枝先の葉

葉を一枚取って裏から撮影してみると・・・
デイゴ葉裏

新聞などで、これはヒメコバチによる被害であると報道されていた。これはあんまりひどくないが、昨年夏などはこういう瘤がビッシリ葉の部分にできてひどい有様になった木がたくさんあった。
その頃、石垣にある国際農林水産業研究センターの虫の専門家でもある中田氏に顕微鏡みたいな機械で見せてもらったら、こぶの中に整然と白い卵が並んでいてちょっとゾっとした。中田氏によれば確かにハチの卵であるが、この映像だけからヒメコバチ、かどうかはわからないとのことであった。
私はヒメコバチ、と聞けば生物農薬の方(ハモグリバエなどの天敵)を連想するのであるが、本当にヒメコバチなのかなあ?
それはともかく、今年もデイゴの花は望み薄、なのかもしれません。
    12:51 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

微妙な体調

先週末からどうも体調が思わしくなく、ちょっと憂鬱な毎日が続く。日曜日は頭痛でバファリンを飲んでとりあえず仕事、単なる二日酔いか、あるいは風邪か、と思って夜は小児用風邪薬をグィっと飲んで寝た。翌日からはなんだか胃がもたれるような感じで、しかし食欲は普通にあり痛みがあるわけでもない。今日はパンシロンを飲んだ。こんな薬の飲み方、良くないんだろうが、どこが悪いのかなんの兆候なのかさっぱりわからないので仕方ない。

私は自分で勝手に低位安定型の体調と呼んでいるが、格別頑丈な体でもないけれど大病をしたことがない。入院は一度もしたことがない。だからかどうか、ちょっと体調が崩れるとスゴーく大げさに心配になるのである。今回も胃がんの兆候とかネットで調べて、どうも違うみたい、などと疑心暗鬼。あそこの引き出しの中のモノは捨てておかないと、と身辺整理までしかねない気分になる。

きっとちょっと走れば治る、というくらいのものなのであろう、たぶん。でも今日はちょっと走る気にならないくらいなので、やっぱり心配なのだ。明日はこんなことすっかり忘却していたいものである。
    16:06 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

興味本位で育てるエスニック食材

知人のタイみやげでトムヤムクンやトムカーガイなどのスープの素みたいなのをよくいただきます。コリアンダーなどはスーパーでも簡単に手に入りますが、石垣島ではちょっと入手困難なものもほんの少しだけ植えてあります。本当に自家用、シュミの世界ですけど。
こぶみかん苗

これはこぶみかんの苗で、実生1年生の小さなものです。こぶみかんはタイではバイマックルー、英名はカファライムリーフ。葉をトムヤンクンなどにいれるとと香りがひきたちます。ごく細切りにして魚料理やサラダにのせたりしてもイケルそうですが、そこまでは私はやったことがありません。
こぶみかんのとげ

茎にはかなり大きく硬いトゲがあります。今はちょっと新芽がありませんが、新芽(新葉)は明るい黄緑色でやわらかく、これならサラダにつかってみたいな、と思わせます。

ついでに香りモノではちょっと珍しいかも?パクチーファラン(外国のパクチー、香草の意味)、ベトナムコリアンダーとか大葉コエンドロとか呼ばれます。香りはコリアンダーとほぼ同じですが、一般的な細いセリ状のコリアンダーとはかなり違った形です。
ベトナムコリアンダー1

実はすでに抽台(トウ立ち)しています・・・
ベトナムコリアンダー2

まあ、これはこれで面白いんですけど、とにかく葉っぱがもっと茂ってほしいものですがすぐにトウ立ちするので困ります。葉にも、この花?の部分にも小さなトゲがたくさんあり、扱いにくい面もあります。
ベトナムコリアンダー3

    18:38 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top

新春は800m猛ダッシュではじまる

皆様あけましておめでとうございます。

元旦のこの時間、すっかり酔っ払っている方も多いのではないでしょうか(自分だけ?・・・そんなことはないでしょうね)
私は現在石垣島の登野城(とのしろ)というところに住んでおりますが、以前は5年ほど大浜(おおはま)の部落内に部屋を借りておりました。そのころからの縁もあり、毎年元旦は大浜の期別(生まれた年ごと、要するに同級生同士)駅伝大会に出ております。引っ越しても毎年声をかけていただいて、今朝も走ってきました。
部落内の約800mほどの道路を8人でリレーします。今年は13組中第8位でしたが、まあ、とりあえずこの駅伝は順位はどうでもよろしい。そのあと大浜公民館でちょっとしたお祝い会があり、親睦を深める楽しい催しでもあります。

走ることでいえば、自分は今月末の石垣島マラソンに備えボチボチ走ってはいますが、このような短距離を猛ダッシュするようなことは年に1回、この日だけです。やっぱりこの程度の距離でも真剣に走ると、走った後10分くらいはお腹が痛くなって苦しくて、ああ、弱いボク、などと思うのも例年のことですが、ビールで乾杯すればそんなことはあっという間に忘れてしまうのでした。

午後はカミさんの実家で兄弟の子供たちにお年玉、このあとは新居の私の家に兄弟家族が押し寄せてくるはずです。

今年も皆様にとって良い一年になりますように。

    18:24 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。