Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

シークァーサー

小さな青切りミカンかユズといったふぜいですが、沖縄では広く自生、あるいは栽培もされている柑橘類。和名ヒラミレモン。シークァーサーと書きましたがシーカーサーとかシークワーシャー、とか、ちょっと微妙な発音で表記は統一されていないようです。

シークァーサーの果実

沖縄本島のやんばるや、大宜味村などでは本格的に営利栽培もおこなわれてますが、八重山、特に離島ではまだ自然のものも手に入ります。
がん抑制に効果があるとされる「ノビレチン」というフラボノイドが含まれることで一時期有名にもなりました。
春に開花し、夏から初冬にかけて収穫されます。これは小浜島出身のHさんにいただいた、小浜自生のもの。ゴツゴツしているが、すばらしい香りです。
小浜島は今日(27日)結願祭(きつがんさい)という重要な行事があり、Hさんはその準備で先週来小浜と石垣を行き来されていたらしく、先日このシークァーサーとムンチャー(石垣ではウムズナー、イイダコのこと)をいただきました。この時期小浜島で獲れる最高の自然の恵みといってよいモノをいただいたわけです。

もちろんこれはユズのように果汁を搾って使うのが普通です。ムンチャー(イイダコ)はさっと茹でて醤油とシークァーサーをしぼっていただくのが一番。刺身や揚げ物など、魚料理に添えれば大変結構な一品になること間違いなし。

たくさんいただいたので、先週末以来我が家では毎晩野菜サラダのドレッシングはシークァーサーである。今日の昼飯の小さいサラダにも使ってみました。

サラダにシークァーサー

ちなみに、オレンジ色の果実はウチのパパイヤです。この品種(ワンダーフレア)はいわゆるパパイヤ臭が少なくクセのない味なので、レモン汁などかけないでいただくことを(私は)オススメしているが、シークァーサーなら別!シークァーサーは多くの沖縄の食べ物の味を引き立てると思います。

この記事を書いているのは昼なので画像は載せませんが、夜は・・・(またか)やっぱり酒でしょう。泡盛水割りに入れる、というのはさすがに泡盛の香りを楽しみたい方にはちょっと果実の香りが強すぎるでしょう。私がおすすめするのは、88円とかで売ってる果汁がほとんど入っていないチューハイ(レモンとかグレープフルーツ)にシークァーサー1個搾ることです。昨夜も私、後半は(ビールの後、という意味)コレやってました。おいしいですよ!

    12:49 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top

暑い秋

こちらの天候に関しては私には勝手なマイ気象暦、みたいなのがあって、(大した根拠のあるものではありませんよ)たとえば梅雨明けは6/18と日にちまで決めている。秋の訪れは10/10と決めていて、例年このころから気温がガクンと下がって最高気温30度になかなか届かなくなる・・・

まあ日にちまで決めることはないんだが、だいたいそんなもんである。しかしここ数年はなんか全然通用しなくなってきたような気がする。特に今月は・・・秋の訪れ、少しヒンヤリした空気、がないんですけど・・・

例年秋播きの野菜類の播種が遅れてシマッタ、という頃であるが、今年はいつまでも暑い。もちろん真夏のようではなく、朝や夕方は快適といってもいい気候。
でも先週から今週、毎日ほぼ最低気温25度、最高気温30度近くなる、というのはいかにもこの季節にしては暑い。来週の週間予報も同じような気温が並んでいる。もう10月終りなんだけどなー。

先週くらいから、気象庁は沖縄地方に「高温に関する異常天候早期警戒情報」というのを出していて、昨日も更新されていた。以下その引用。

高温に関する異常天候早期警戒情報(沖縄地方)
平成20年10月24日14時30分
沖縄気象台 発表

要早期警戒
警戒期間 10月29日頃からの約1週間
対象地域 沖縄地方
警戒事項 かなりの高温(7日平均地域平年差+1.6℃以上)
確率    30%以上


この時期にこういった警戒情報を聞くのは初めてのような気もするが、ひとつの温暖化現象のあらわれ、ということもあるのか。それにしても農作物のことを考えるとかなり心配なことではある。

さて、こんなに暑い中、今朝は6時半から30km走を決行。先週同様20kmまではキロ5分で行ったがその後は「今日はLSDなの♪時間かかって大変なの~♪」モードにペースダウン・・・とにかく30km走りましたが、帰路は快晴のもと正面から太陽を受けて暑いのなんの。歩くもんか!(笑)
30km走ってその足でハウスへ、大した肉体労働でもないんだが、キツイキツイ・・・(泣)
午後2時ころに遅い昼飯をいただいてダラダラしてたらそろそろ夕方になってしまった。では日が暮れないうちにもう一度行ってきまーす!
    15:51 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

アセロラ酒

今日もまた酒の話題・・・すみませんね。
私のハウス内に1本だけ大型ポット植えにしたアセロラがある、ことは以前も書いたっけ。まるっきり剪定もしないで放置してるので、この夏はグングン枝が伸びて結構な大木になってしまった。またそのうち強剪定しよう、と思っていた矢先、いきなり花がすごくたくさん咲いてとてもいい香り。アセロラの花は実は結構香りがいいってことに気がついた。
どうせこんなに咲いても落ちるんだろ(実にならない)、と思ってたら、気候的に今は良かったのか、ここ数日大量に熟れてきて、今日は完熟果が1キロ以上とれた。

アセロラ大量収穫

アセロラは以前書いたように、ビタミンC含有量では群を抜く機能的にも優れた果実であるが、タネが大きいし、生食ではあまり食感がいいとはいえない。そこで一般的にはその機能性を生かした加工品になっている。
これまでは数粒とれる程度だったのでツマミ食いで済んだが、こんな量とれた日には・・・やっぱり酒しかないよね。酒、酒~!(ヤレヤレ)
というわけで、そそくさとナリフシ(アセロラはなんていうのかな、ヘタの部分)を竹串でホジホジとりのぞき、洗って水気をきって漬けました。酢、ぢゃありませんよ。酒、に漬けました。
残しておいても困るのでアセロラ収穫全量(1.3kg)入れたらやっぱり実が多すぎた・・・強烈なビタミンC酒になりそうだけど、酒だとビタミンCはどうなるんでしょうね~。

アセロラ酒漬けた

ちなみに今回は普通のホワイトリカー1升、氷砂糖600g で作ってみました。
    22:40 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

King of 枝豆 

夕べいつものように7時半過ぎに帰って、即冷蔵庫の缶ビールを取り出しに・・・ふと見ると横の台所流し台にザルにあげた枝豆が!オヤ?カミさん解凍しといてくれたのか、今日はヒマだったんだな・・・♪

そこにあった枝豆はどうみても解凍モノではない。石垣のスーパーでもとうとう生の枝豆が買えるようになったんか、それにしても大粒で上等だな・・・いただきまーす♪♪

♪♪♪これは黒大豆ぢゃないかー♪♪♪

こんなの売ってるワケがない!きっとカミさんの仕事場の誰かのオミヤゲだな、最高だな。
で、台所に立ったまんまボリボリ食べる私。粒がこんなに大きいのもスゴイけど、とにかくこんなおいしい枝豆食べたことない!

これがそのゲンブツです。(生)
黒大豆枝豆

ひと鞘に2粒入りがほとんどで、1粒のものもある。が、大粒で非常に充実した実で食べ応えがある。黒大豆特有の甘味、食感もすばらしい。大袈裟でなく、私がこれまで食べた生の枝豆のなかでいちばん美味しいキング・オブ枝豆様だ。

さて、この枝豆はご存じ丹波篠山産の黒大豆である。先週末カミさんのオヤジの兄妹たち(私のおじさん、おばさん方ですね)が何名かで関西方面に小旅行に行った、というのもKおばさんの娘夫婦が大阪、兵庫にいるもんだからその訪問を兼ねて(それがメインかな?)。
石垣に戻るとき、あれこれお土産を物色する親戚一同、K叔母さんの娘S美が、Kさん(私のこと)へのおみやげはこれがいい、とすすめてくれたそうである!その理由は、少し前に当BLOGに枝豆のことを記事にしたのを読んでくれていたらしい。いやー本当にありがとう。

基本的に何でもおいしくいただいてしまう私は全然グルメではないんだが、昨夜は久しぶりに、美味なものを食べるよろこび、幸せというものを感じました。同時に、農産物としてこのようにすばらしいモノがあるという喜び、そして農業に携わる者として本当においしいもの、すばらしいものを作れるようにがんばっていきたい、と思ったのでした。

    11:33 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

ビルドダウン走してきました

気がつけばもう10月も半ばで、恒例NAHAマラソンまであと1か月半になった。結局今年も去年並みの走行距離だし更年期障害だし(まだこだわってる?)去年NAHAマラソン後に宣言した3時間半切りはもはやアキラメ気味である。

今年は週末の1日だけでもちょっと距離を延ばして走ろう、などと計画したが、注文や配達は曜日関係ないし、土日は郵便局の空いている時間が短いため、注文が入ったときにはまず朝ラン延長、は不可能になる。

幸い今日は注文も配達もなし(幸いかどうか知らんが)!というわけで、最低2時間は走ろうと朝6時半から走り始めた。バンナから名蔵に抜け、海岸沿いを埼枝方面(川平に行く方角)にずーっと進む。朝はベタなぎで、ほぼ快晴の海沿いを走るのは気持ちいい。埼枝入口まで(ここまで10km余り)行ったところで快調なので半島一周しようかと思ったほど。それをやっちゃうと35kmコースになるので、今日はヤメといて復路へ。

帰路もまずまずのペースで走ったが、20km超えるといきなり情けないトコトコ走りになってしまった。なんだ、いつものNAHAマラソンと同じじゃん・・・やっぱり20km以上走るような練習してないからね・・・とりあえずバンナふもとまで戻って外周を走り、2時間半で終了。
今日はキロ5分ペースで走るつもりで、まあ20kmまでは大丈夫でしたが最後はどんどんスピードが落ちるビルドダウン走?になってしまいました。

今年はNAHAまでできれば毎週末にせめてこのくらい、できれば30km走を入れたいと考えていますがなかなかままなりません。なにはともあれ、ようやく走るにも(朝は)快適な気候です。
    12:44 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

シマグワ

どこにでも見られるクワの木、石垣島の野山でもよく見かけますが、「シマグワ」と呼びます。
若い木の葉っぱはもっと柔らかくゆったりと広がっているような気がしますが、これは大木の一部です。木の大きさの割に葉は小さめで硬い、ほとんどブッソウゲ(こちらの在来ハイビスカス、アカバナー)の葉みたいです。
シマグワの木
今朝ランニング中にところどころ実がチラチラ見えるのに気がつきましたが、よくよく見ると熟している実がたくさんありました!おいしそう。今が時期だったっけな~梅雨の頃だったような気がしたが?
シマグワの実
本土のものは実の形がもっと丸みをおびているような気がしますが、こちらのものはこんな風にやや長細い葡萄の房状です。
シマグワの実アップ
完熟して濃い紫色になったものはワイルドかつ素朴な甘みがあってなかなかです。
果実酒にしてもイケル、とのことですので、ちょっとチャレンジしようかな・・・でも大量に採取しようとするとなかなか見つからなかったりするんですよね~(ちなみにこの写真はバンナ公園内なので、撮影用にひとつチョン切りましたが採らないでおきましょうね)

私のハウス横にも自然に生えてきたのが2本あるんですが、全然実がつきません。雌雄異株、だそうなので、ハズレ、ということでしょう。
    12:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

バンナ公園祭り

私の毎朝のジョギングコース、バンナ公園で今日12日(日)「バンナ公園祭り」がありました。バンナ公園は石垣市ではなく沖縄県の管理のもとにありますが、沖縄県の「都市公園愛護デー」の一環行事として開催された・・・ようです。
下の写真は、「水風船キャッチボール大会」準決勝?親子または子供同士で水の入った風船を投げ合って、最後まで割れずに残ったチームが優勝です。優勝したのは手前の男の子たち、平真小学校のサッカーチームの子供でした。
水風船ゲーム
公園北口の駐車場近辺を中心に開催されましたが、北口駐車場横には最近バンナ茶屋という軽食を提供する喫茶コーナーができており、写真正面がそのお店です。今回のイヴェントではメインの進行役を務めていただきました。手前は植木屋さんによる苗木販売コーナー。
バンナ茶屋正面

今回はハロウィーンパーティーを含め主に子供向けの催事が多いのですが、親子連れで楽しめるようにオジサン向け?企画もいろいろです。
今年の夏に、マンゴーの記事を書きましたが、その際に出てきましたマンゴー&アセロラ農家の金城さんによるマンゴー栽培ミニ講習会です。2時間に及ぶ公園と質疑応答、熱心な参加者に応えてこのあと接ぎ木の実演などもありました。
金城さんマンゴー講習会
こちらは盆栽の展示。
盆栽展示コーナー
その横では盆栽の剪定方法の講習会。こちらも熱心な盆栽ファンが囲んでいました。
盆栽剪定セミナー

午後はハロウィーン用カボチャのランタン作成やキャンドル作りなどを大勢の親子連れが楽しんでいました。午後6時にカボチャ点灯、ライトダウン。ベンチに並べられた可愛いカボチャたち。
ハロウィーンかぼちゃ

さて、私はこのイヴェントの手伝いを頼まれていたので、朝から一日バンナ公園に行ってました。もともとは買出しとカボチャのランタン作り指導員(!!)の予定でしたが、午前中にスタッフ向けに用意されたハロウィーン用衣装を着て(修道女スタイル!笑)歩いてたら子供たちがみんな引いてしまった。チクショウ、と思って頭巾みたいなのをとってスキンヘッド修道女になったら泣き出す幼児が出る始末!いいですよやりませんよ!
そして私は午後半日、ヨーヨー釣りコーナー担当に回されました。夜店のアブナイおやじみたいで、知人が来るたびに「ひぇ~Kさんなにやってんの~どーしちゃったの~!?」と叫ぶわ笑うわ・・・どうもしませんよ全く。でも8000円売り上げました。こわがらずに来てくれた子、ありがとう!君たちはイイ子になるぜー!

    23:46 | Trackback : 0 | Comment : 8 | Top

マンガナー

たまにいただくご質問に、「パパイヤイリチーの千切りの方法」というのがある。包丁で大き目に切ってもいいのだが、調理器具を使えるにこしたことはない。私のサイト内では「大き目の千切り」と書いているだけで、スライサーなどを使えば簡単ですよ・・・これってやはり不親切な説明だな。よく調べてみたら「スライサー」は刃のついたもので、千切り用に穴のたくさんあいたヤツは「千切り器」と呼ぶみたいですね・・・スミマセン。

大き目の千切り、となると千切り器(の刃の部分、というか、穴の部分)も大きめのもの、になるわけだが、実は沖縄には(たぶん)パパイヤなどの野菜を大きめに千切りするための道具「マンガナー」というものがある。千切り器の穴部分が大きいだけのことである。

下の写真の手前がマンガナー、奥は一般的に皆様の台所にもあるであろう千切り器(これはKAI製)である。ウチのマンガナーは、それほど穴部分が一般のものに比べて巨大、とはいえないが、マンガナーにも何種類かあって、さらに穴の大きいものや、ゴボウのささがき風にやや平たく切れるものなどがある。
マンガナーと千切り器

これはさすがにアマゾンでも売ってないみたいですね(笑)・・・ここ石垣でもマックスバリュやサンエーなどの大型スーパーでなく、金物屋とか、昔からの何でも売ってる商店みたいなところで買うことができます。手作りっぽいし、大量生産品ではないので、おそらく1,000円くらいするんではなかったかな?

さて、次の写真はオマケです。タイみやげにもらった「ソムタムつくる用スライサー」・・・だそうだが、本当かな!?
ソムタム用スライサー
最近はヒゲソリ型の「ソムタムピーラー」というものも比較的簡単に(エスニック食材店などで)入手可能なようで、それはいかにも簡単そうであるが、これは(ボクには)ハッキリ言って簡単じゃありませんでした!
ご存じの方も多いでしょうが、本場タイではソムタムを作る時、包丁でパパイヤに切れ目をいくつも入れて、それを今度はそぎ落とすようにして千切りにするらしいです。これはきっとその作業をユーザーフレンドリーにしたつもりなんでしょう・・・か?まあともかくですね、写真の左下の丸みを帯びた刃の部分で切れ目を入れます。そして2枚刃になってるこの部分(下の写真をご覧ください)でシャカシャカスライスしていくんですねーきっと。
ソムタム用スライサー刃の部分
この2枚の刃の取り付け方もなかなか無骨なものがありますが、刃の隙間がずいぶん微妙に一定でないのは故意にか何故か。そして致命的なのは、刃がほとんど切れないことです。やり方が間違ってるんでしょうがスライスするにはかなりの力が必要でタイのお姉さんには無理に思えるほど、私が強引にやると食物繊維グジャグジャになります。


    12:13 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

台風被害はなかったが

9月は2回の台風接近で結構振り回された感じもあるが、直撃されずにすんだので私のハウスに関しては被害なしで済んだ。
が、この時期に(ハウス以外の)いろんなモノがつぎつぎ故障して、結局若干の修理費がかかるハメになった。
ひとつはオンボロ愛車の軽ダンプ。台風の最中にハウスまで暴風雨をついて行ったのが原因ではあるが、大変調子悪くなって、一度修理屋さんに3泊、修理後数日でこんどはエンジン不調になり、昨日再度修理をお願いした。今日はストレスなく走行できて、ガタがきつつある硬いサスペンションも気にならない。
もうひとつはパソコンで、こちらも2週間前にいきなり画面がゼブラ状、というと大げさか、ストライプがびしびし入ってどんどん画面が崩壊していった。即OS再インストールを試みたが、インストール画面もガビガビなのでもうビデオカードか何かハードの故障であろう、ということで引き取り修理サービスに出した。週末に無事戻ってまいりました。

台風対策や、モノが故障するなどのトラブルが続いたせいか、先週はなんだか気分がすぐれず、ノンキ者で短気おこす事は(たぶん)ほとんどない私が、どうもイライラしているのである。それを表にだしたりはしなかった(ハズ)だが、食事中にテレビでアソー氏オザワ氏フクシマ氏などがワーワー言ってるのが流れたりするとムナクソ悪くて耐えられなくなり、うつむいて飯食いながらチャンネル変えて、とかテレビ消して、とか言っちゃったもんだからカミさん変に思ったようである。

ちょっと取り繕うつもりで、冗談で「更年期障害かもね」と言ったら、カミさんもそれを疑ってたのか(笑)そうそう、男も更年期障害ってあるんだよ、と言われた。実は少し前に知人(ちょっと先輩)と雑談していたとき、近頃自分の中でイライラしてしまうような感じがあって気持ち悪い、という話をしたら、まさにそう言われたのだった。オメ~そら更年期障害ダヨ!(キッパリ)・・・

その日帰ってから(パソコンが壊れる直前)こっそり「更年期障害 男」などとググってみる私。まあ、主要なチェック項目として性的な事項が挙げられているが、それはさておき、体調や気分がイマイチすぐれない感じ、特に精神的に沈んだ状態になりがち、にはなるほど、という実感もある。
でも一番笑っちゃった「ありがちな徴候」が「身長が縮む」であった!今年は検診をまだ受けていないのだが、昨年の定期健康診断でナゼか身長が1cm近く縮んでてビックリした。朝晩の較差があるのは知っているが、それを超えていないか!?と思ったものである。きっと今年はもっと縮んでんだろうな~ヤダな~

私の最近のややブルーな気分がオトコの更年期障害によるものかどうかは深入りしないことにする。イライラしたり短気なのは自分としては本当に避けたいと思っている。今朝はそんな気分を振り払おうとバンナ公園かなり早めのペースで一周、ヒーヒー言いながら走り終わって「なんだかヒザにこたえてるなぁ・・・」とまたまた顔に縦線が入る自分に気づいておっとっと。



    11:47 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード