Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

昼飯の値段

前回記事の、石垣港ターミナル食堂ではチャンプルー類定食は500円、一部600円というところだが、量的にも屋外労働者の食欲に耐えるものである。石垣島各所にある、どちらかというと観光客向けではない、仕事中の地元の人たちもよく利用される「食堂」では定食類が600円、というのは相場ではないだろうか。
そんな店では「八重山そば」は350円、が一般的で、ご飯やおにぎりをつけても500円。(観光客メインのお店では八重山そば500円、ソーキそばになると600円~800円!である)

私は普段は昼に一度家に戻り食事をするが、カミさん留守とか、たまに時間的に戻れないときには食堂や弁当を利用することもある。そんなときは、決めているワケではないんだが、昼食代として600円を超えるメニューはまず選ばない。八重山での昼飯は500円(上限600円)が暗黙値?
(もちろんこれはお出かけ、お外でランチ、的な状況ではなく、仕事中のひるめし、の話)

最近の新しい店はまず観光客の利用を考慮するのであろうか、なかなかこの値段でのメニューはないようである。
そこで、働くおじさん(おばさんもね)の昼飯オルタナティブ(?)、もう一つの重要な選択が「弁当」で、市街地や離島桟橋周辺はもちろん、結構な郊外の地にまで「弁当屋」はある。石垣にはチェーン店のほっと○っと、も何軒かあるが、多くは個人経営の弁当屋、あるいは食品加工業・飲食店が併設する弁当屋である。

いささか手前味噌になりますが、うちのカミさんも手伝っている弁当屋はバイパスのマンタ公園近くになる「おべんと倶楽部」で、午前中のみ(13時には終了)営業で一種類のみ(もちろん日替わり)、500円。ごはんの量が多めなこともあり工事現場からのまとめ買い、朝一番の離島便に船積みすることもある。
今日の弁当は
おべんと倶楽部メニュー1

下は先週末のもの、メインはしょうが焼ですがその右にパパイヤイリチー。ウチのパパイヤを使ってもらっています。
おべんと倶楽部メニュー2

食堂にせよ、弁当にせよ石垣島ではとりあえず500円で質・量ともに満足できることが必須条件のようです。
    23:15 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード