FC2ブログ

Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

美味しかった牛肉

前回の記事から10日が過ぎ、しかしここに書くのは10日前のこと、しかも前のエントリ記事よりも半日前の話である。

5月15日と16日の2日間、(昨年も記事にしているが)恒例の「八重山の産業まつり」が石垣市運動公園の屋内練習場周辺で開催された。私は今年も出展には関わっていないが、日曜日に昼飯がてら見学に行った。私の目的は、敷地内一角に設置された「そばストリート」で、「とうふの比嘉(ひが)」が出している「ゆしどうふそば」をいただくことである。

とうふの比嘉は、市内ホテル日航のバンナ公園寄り北側にあり、とうふ屋であるが朝から食事もできるコーナもある。しかし時間帯的に無理なので私は行ったことがない。今回まつりに出店ということで楽しみにしていた。

そば横町2010

そば屋台が数軒並ぶ通り。午後1時を回っていたのでお客様は一段落の様子。

ゆし豆腐そば

ごらんのようにゆし豆腐でそばがほとんど見えません・・・
味は非常にあっさりして、豆腐を味わうにはとてもいいと思う。豆腐好きな私は大変満足しました。カミさんの分を半分もらったので、どんぶり1.5杯分あっという間にいただいた。

さて、カミさんは普段から「牛肉」をそれほど好まないようで、牛肉が家での食事に登場することは稀である。またハンバーガーなども、たぶん好きではない。(ボクは牛肉大好きですよ、焼肉もハンバーガーも)
そんなカミさんが珍しく、アレを買うと言い張って、しかも長蛇の列に並ぶのであった。

産業まつり高校生ブース

高校生のグループが企画・運営する「高校生市場」コーナーの「島人バーガー」。地元産牛肉(石垣牛・・・ではなく経産牛の「やいま牛」)やその他地元食材を使用したハンバーガーであった。焼いているのも、包装するのも、お会計もみんな高校生男子諸君。またこれが観光客の質問にも説明上手でねぇ、感心しましたよ。

高校生作ハンバーガー

私たちの後方数名でSOLD OUTしたが都合20分くらい並んで待った。その間私が気付いたことがある。私も知っている大手畜産農家(牛飼い)、あるいは焼肉店店主が何人も立ち寄って声をかけていくのだった。それも売れ行き非常に好調なことを大変喜び、嬉しそうな顔で高校生たちを励ました。でも私はそこで励まされているのはむしろ畜産農家や牛肉を扱う店主たちだと気がついた。

石垣市でも口蹄疫発生後、今月(5月中旬)のセリは中止となっている。実際、10日前のこの日にはまだ(牛舎周囲に消毒用石灰を撒くなどの)石垣市内での対策はほとんどスタートしていなかったし、「牛肉」ということばに「口蹄疫」を思い浮かべるお客様はあまりいなかったかも知れない。ウチの実家が牛を飼っていることもあるが、私は個人的には非常に先行きを心配していたので、販売ブースに立ち寄る畜産農家が不安な気持ちの中で大いに快調な販売を続ける高校生ブースを見て嬉しくなり、また元気がでるのだろうと思った。

その後の口蹄疫の激甚な状況は私がここに改めて記す必要もないであろう。

前後するが、この「島人バーガー」が実際に大変美味であったことも書き忘れてはならない。なんせカミさんがおいしいと言って喜んで食べたくらいだから(?)。写真では肉がコゲてるみたいに見えるが、焼き加減は適切で大変ジューシーである。わずかに「ゴーヤ」がのぞいているが、島野菜をいくつか使って作られたソースがまた大変おいしい。バンズっていうんですか?パンは地元ベーカリーのごく普通のハンバーガー用だと思うが、これもシンプルで結構。

さて、その口蹄疫は、ハンバーガー売上好調で元気がでる、どころの話ではなくなった。ここ1週間は口蹄疫について(全く知識がなかったので)いろいろベンキョーしたが、今はただ、宮崎の畜産農家の皆さん、対策に追われている皆さん、頑張って、と願うことしかできない。
スポンサーサイト
    12:37 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

月と金星

梅雨の晴れ間は続くかもしれないし、今日限りかもしれない・・・と思いながら日曜日の夕方なのにあれこれ雑用(農園の、ですよ)をガサガサやっていたら日が暮れた。は~今日は早く帰るつもりだったのにな、と空を見上げると西の空に細い月がきれいに見えている。しかも今日は近くに明るい星。金星かなー?もう少し暗くなってきたらまた一段と面白いだろうな~、と思い切りズームして撮ってみた。撮れた。

月と金星の夕暮れ1

農園で暗くなるのを待っているワケにもいかないので、帰る。さっきの写真から30分後くらいか、バンナ公園を過ぎたあたりで再度撮影トライ。さらに金星は月に近づいた。既に殆ど暗くなってしまったので、手ブレ甚だしく、まともに撮れたほうのこの画像でも金星って細長いんだー、みたいな・・・そんなことはないでしょう。

月と金星その後

ほとんど金星食になる勢いだが、どうも微妙にズレて月の(画像では)右側をかすめるような感じである。帰って確認したらやはり東南アジアの一部では金星食が観測できるとのこと。

かすかに明るさが残っていた西の夜空もあっという間に真っ暗だ。しかし前日の大雨のせいか空気は澄んでとても気持ちがいい。
    22:56 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

てびっちゃんとそーきっちゃん

今日の帰り道、途中「川原(かわはら)地区」を通過するときしばしば遭遇するS家のわんこ。夕方の散歩は仕事帰りの娘Makiさんの日課のようである。

さんぽちゅうなんですけど、写真とらせてください。

makiさん犬の散歩中

奥の濃い色のわんこが「てびっちゃん」です。左前足を怪我してガクンと曲がっているので、てびっちゃん(本名てびち)と呼ばれています。このわんこはかつて市内のある大きなゴミ捨てケージの中に捨てられていた(そのとき既に足を怪我していた)のです。しかし縁あってMakiさんが引き取ることになりました。
その後また縁あってもらわれてきたのが手前の「そーきっちゃん」です。そーきっちゃん(本名そーき)は、特に由来があるわけではないのですが、てびっちゃんと一緒に飼われることになったのでてびちの相棒という意味で(???)そーきにしたそうです。
2匹ともかなり大きく、おとなしいですが非常に人懐っこくてハグハグ、ベロベロされて大変です。おまけに今日は草むらでつけてきた泥と植物のタネ満載。

おすわりおすわり!はいこっちむいて!

正面向いた2匹

はいそっぽむいて!

顔をそむけあう2匹

(てびっちゃん)もうつかれてきた帰ろうよ・・・

つかれてきたてびっちゃん

いきなり(そーきっちゃん)草たべるんぢゃー!むしゃむしゃ(センダングサを食べる)
     (てびっちゃん)帰ろうよーもう・・・

そーきは草たべるんぢゃ!

S家は大きな農園があって、農作物だけでなくウコッケイや馬やヤギ・・・いきものもいろいろいます。私は「Sどうぶつえん」と呼んでいます。Makiさんに会うのは少し久しぶりでしたので、「ヤギは元気~?」と聞いたら、「うーん元気元気。でもどんどん減ってる」「えー逃げてどっかいっちゃうの?」「ううん、しょっちゅう食べるからどんどん減る

そうなんです沖縄ではヤギは食べるもんなんですよ~。
    19:35 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

タクシーで実家に帰るとき

私の現在の住まいはカミさんの実家すぐ横のアパート。要するに実家はお隣である。
実家から「牛汁作ったから取りに来い」なんておすそわけの電話があると、「わたくし実家に帰らせていただきます」といいながら出て行って、ものの5分でホーロー鍋かかえて戻ってくる。「なんだよ実家に帰ったんぢゃないのかよ」「だから帰ってたってば」などと意味不明の会話・・・

で、実家は通称「四号線」という市内を東西に走る道路に面しているが、その面(玄関の横)に大きなマンゴーの木があり、かつては毎年たくさんの実をつけていたのでそれなりに有名で、実家のオヤジや(今は亡き)ジーサンは街で飲んだりした帰りにタクシーに乗ると「四号線のマンゴー家まで」と告げていたそうな。もちろんそれでOK、無事ご帰還。また観光客を乗せたタクシーが実家のマンゴーの木の前で記念撮影することも多かったらしい。

もう5年くらい前から、樹の老齢化もあるかも知れないしキチンと剪定しないせいか、あまり実をつけなくなっていたが、今年は開花時期からものすごい花つきで、気がついたら実がたくさん大きくなってきている。まあ今年は営利栽培農家を含め開花は非常に順調で、なにも私の実家に限ったことではない。

だから別にウチのマンゴーでなくてもよかったのに、地元の2新聞のひとつ「八重山日報」(5/4)にバッチリ名前入りで出ちゃった。

八重山日報に出た実家マンゴー

実際に玄関正面から見るとこんな感じ。手前の実の多くは家のブロック塀を超えて「歩道」の上にはみ出してブラ下がっており、いつまで着いているか(笑)・・・

実家マンゴーのようす

写真に見えているのは皆さん良くご存じのアーウィン(アップルマンゴー)ですが、この木はもともとアーウィンではなく、その木に2本の別品種を接ぎ木したものです。つまり3種類の果実が実りますが、とりあえずアーウィン優勢のようです。

さて、本年のマンゴーは開花順調で久しぶりの豊作が見込まれていたが、3月の低温傾向で生理的な障害が出ており、一部栽培農家ではかなり落果が激しいなどの話も聞く。やはりスンナリ大豊作、とはいかない様子です。
    23:40 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ダイビング日和な御神崎

今日も朝から配達やハウス作業で、今更言うまでもないが連休は私の生活にほとんど関係ない・・・
が、所用で午後石垣島西部に行くことになり、ついでに(しなくてもいいのに)崎枝半島一周しちゃった。ついでに御神崎(おがんざき)灯台まで寄り道しちゃった。灯台のふもとに立てば強い風に吹かれて涙も潮風にちぎれるでしょう・・・(泣いてませんって)

小さな駐車場はさすがに今日はレンタカーオンリー。そこから灯台への坂道を登る。

灯台へ登る道

灯台から見た岬の大きな岩。いつ見てもダイナミックで気持ち良い。

灯台から2つの大岩

視線を左手(石垣市街地の方角になるが)に移すと、今日はすっかり風裏になって静かな海面に何艘ものダイビングボートがアンカーを下している。集団で浮上(降下開始か?)している黒い点々も見える。
御神崎から写真の屋良部崎にかけてポイントが点在する、さらに名蔵湾寄りには有名な「大崎」のポイント、「ミノカサゴ」の群れがいる有名なフォトスポットがある。

大崎につどうダイビングボート

そこから御神崎方面に向かってくるボート。この直後岬を通過するといきなり東風があたって波が高くなるんだが、ボート上の人々は次のダイブに備えてイソイソ準備中の様子。

大崎から移動して準備中

彼らがきっと向かっているのは、このサンゴの沖のあたり。

灯台からダイビングスポット予定

余談になるが、以前は私もスキューバダイビングしていたので重機材(BC,レギ等)を所有しているが、10年近く押し入れに入っているので先日思い立ってオーバーホールしようと引っ張り出した。ちょっとカビ生えてた。知り合いのショップにこの機材オーバーホール可能か、と尋ねたら、「骨董品級」と言われ、一部は既に交換パーツもないそうだ・・・まあ、15年以上前のものだからねぇ。Sプロ(スキューバプロ)といえども既に骨董品か。

それより問題はダイビングのライセンス(いわゆるCカード)、どっかいっちゃって見つからないんだよな・・・潜水士とか一級船舶免許はあるんだけどな・・・
どうも私のダイビング復活は、なさそうです。誰か骨董品重機材ほしい方います?

    22:46 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。