Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

農園の午後5時

既に梅雨明けしている沖縄地方、毎日朝から晩まで暑い!
下の写真は、私のハウス(画像左の軒高の高いハウス)前の排水溝横にある露地植えのパパイヤが、異常なほどの旺盛な成長ぶりを見せている。露地「植え」ってこれは「植えた」んではなくて「生えてきた」んですけど。

ハウス前パパイヤの午後

ハウス内では約80L程の土を入れた大型ポットに植えているので根域が制限されこんなに繁茂しないんだが、露地だと肥料なんかやらなくてもこれだからスゴいねぇ。まあ台風が来るまでの命・・・かもしれないんだが、殆ど球体のジャングルジムみたくなって今や立派な我が家(ハウス)のシンボルツリーである。
ちなみにこれはメス株で、大きな実もボコボコついています。

この写真を撮影したのは昨日の午後5時前。日陰が長くなっているので、陽が傾いてきている時分だということはおわかりいただけるだろうが、もう夕方ですよ!でも日差しは強烈で、一向に涼しくはならない。

真っすぐ上を向くと、夕方になるとますます空の青も濃く感じられる。ハウスのほぼ真上を通過して間もなく石垣空港に着陸するJTA機。風の弱い日は着陸ルートとして私のハウス真上を通過することが多く、どんだけ真上かっちゅうとですね、JTAかANAかわからないくらい真上を直進して(白っぽい腹の部分を見せながら)通過・降下していくのだ。こちらの画像は本日の、やはり午後5時。今日は少し東寄りを通過していて、尾翼の色もはっきり見える。

JTA夏の旅降下中

今日も一日、暑かった!
スポンサーサイト
    22:34 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

真奈男~!

お久しぶりの更新ですが相変わらずのベタなタイトルすんませんね。
シークワーサーのこと真奈男(マナオ)って呼んでんのかよ、といわないでください。これはマナオです。生(ナマ)マナオです。いただきものではありません!ワ・タ・シ・の農園産です。

マナオ半分に切った

知る人ぞ知る(タイ料理好きな人はみんな知ってるか)タイのライムです。種からの小さな苗をいただいてハウスに放置していたら、昨年から急激に成長、今年の早春に(少しですが)初めて花が咲き、その後小さな実がつきました。ライムと聞いておりましたので、もっとデカくなるものとばかり思っていたらこのくらいらしい。シークワーサーよりちょっと大きいくらい。

まだ少し早いかと思いましたが、ひとつだけ採ってみました。半分に切った写真ですが、さすがに香りが強い!普通のライムとはちょっと違う(うまく説明できませんが)。とりわけ辛口のタイ料理を引き立たせるに違いないと思わせます。(マナオの)果実は今のところタイ国からは生で輸入できないようで、冷凍か果汁しか手に入らないそうです。シークワーサーでもよくわかってますが、やはり冷凍や果汁になるとその素晴らしい香りは殆ど失われますからねー。

今日はですね、全国タイ料理大好きの皆さんごめんなさいね、酎ハイに入れました!ごめんなさいね!!
次回はソムタムとか、やってみますから、今日はもう酎ハイにいれちゃった・・・おいしい・・・
    19:29 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

2010マンゴー最盛期です

今日は午後から市内マンゴー農家Kさんの敷地内にある調査用ハウス(もちろん作物はマンゴー)でお仕事。以前、今年のマンゴは開花順調、という記事を書いたときの写真はここKさんのハウスである。そのとき写真を載せた、満開状態のハウス、今日久しぶりに訪れてビックリ!ネット越しに白い袋(マンゴの実に袋掛けしています)ど・どんだけあるんぢゃ!一個当たりの単価からついついハウスの坪単価(売上)を推測しようとするあさましい根性がイヤだわ!・・・でも日本野鳥の会会員ではないのでとても数えられません!

川満マンゴーハウス外から

ネット越しではなくて、中はこんなふうです。

どんだけなっているのか

以下の画像は、上記ハウスではなくて、実験用、つまり本日私が仕事をしていたところ。株も小さいのですが、それでも今年は結構着果しています。

マンゴーはこんなふうになっています。ちょっと黄色っぽい茎みたいな部分がもともとは花がたくさんついています。その中から上手く授粉したもののうち、生育状況を見ながら摘果し、1~3個くらいの実を残します。このサンプルはちょっと失敗(普通先端の果実を残すことは少ないようです)で、袋もかけていません。

マンゴーはこんなにがなっている

そして完熟する前に袋をかけます。果実は平均400g程度ですが、それぞれの果実を細い紐で吊っています。これが実際には収穫前の農家の重労働になります。

マンゴー袋かけ状態

完熟すると、袋の中にボトッっと落ちます。めでたく完熟マンゴー収穫です。

マンゴー完熟果2010

今年はここ数年のなかではかなりの豊作です。しかも時期が早い!既に出荷は始まっており、石垣産は今月いっぱいがピークなのではないでしょうか。沖縄のマンゴーをよろしく、とまずはお願いしておきますが、あわせて現在畜産分野で大変な局面に立っている宮崎、また近隣の鹿児島など九州産マンゴーもよろしくお願いします。
    22:18 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

夏の午後のまどろみ

昨日はハーリー応援後家に戻って遅い昼飯を食って一息ついたら猛烈に眠くなってきた。昼寝するべき、と畳間の窓辺に横になったがすごい蒸し暑さで昼寝どころではない。すぐにあきらめてベランダに出る。あたりを見回すと、な~んだみんな寝てんじゃんzzz・・・

こちらはお向かいのシロちゃん(本名不明)。いつもキュンキュンキャインキャインとウルサイんだが寝てるとかわゆいねえ。いつも寝てればいいのに。

眠るシロちゃん1

やっぱり暑いのか、小屋の陰に・・・

眠るシロちゃん2

シロちゃんちの隣家、道路沿いにはクロちゃん(こちらは本名デイゴ。デイゴの木につながれているから)が昼寝中だったが、ベランダから撮影している怪しい気配を感じ取ったのか、目を開けた。ごめんなさいね。「犬注意」の看板?があるが、全く凶暴なヤツではありません。

眠るクロちゃん

そしてシロちゃんとクロちゃんの間に駐車中の軽トラの屋根には黒いモップが・・・ぢゃなくてこれはネコのクロちゃん(本名しりません)こんなにのびのび寝てるネコも珍しい?

眠るネコのくろちゃん

いいないいな どうぶつっていいな♪
などとうたいながら私は午後のお仕事へ・・・あ~眠い!!
    13:20 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

マドンナハーリーに燃える女たち

今日(6/15)は「ユッカヌヒー」(旧暦5月4日)、沖縄各地でウミンチュ(漁業者)の豊漁・安全祈願のお祭りでもあるハーリーが開催されています。石垣島でも新栄漁港を中心に開催された「海神祭」だけでなく、白保地区や伊原間のフナクヤでのハーリーはじめ離島各地でもハーリーが行われました。以下、本日新栄漁港で開催されたハーリーから。

ハーリー競争のメインは勿論ウミンチュによる「御願ハーリー」「転覆ハーリー」「上りハーリー」の3レースですがその間をぬって(というより参加チーム数においてはお祭りを席捲している)一般の皆さんによる対抗レースがあります。一般の団体ハーリーにおいては80チーム以上が参加。また女性だけの「マドンナハーリー」がまた人気で、こちらも50チーム近いエントリがあります。

ウチのカミさんも出ました。CHISE様のチームで。以前から同チームはマドンナハーリーに参加していて、何連覇もしていた(らしい)ですが、カミさんは3年ぶり?メンバーも半数以上私の知らない新しい方のようでしたが、とりあえず朝の仕事を済ませて応援に行きました。カミさんが参加したCHISE様のチームのレース模様です。

スタート直前です。最後尾にかじ取りをするウミンチュが乗ります。その後ろで、スタート合図まで船を支えるのもウミンチュの仕事。メンバーはすでにエーク(かい、ですね)を漕ぎ始めています。アイドリング空ぶかし状態ってところ?
どーでもいいかも知れませんが、最後尾ハチマキの上腕筋マッチョかもしれない女がうちのカミさんです。先頭がCHISE様です。

2010ハーリースタート前

スタートしました。

2010ハーリースタート直後

折り返し地点にかかる頃、スタート地点では船を支えていたウミンチュと子供たちがつかの間の休息・・・

2010ハーリー束の間の休息

折り返して戻ってきた。

2010ハーリー折り返し直後

もっと戻ってきた。スゲー形相です。先頭CHISE様の束ねた髪がオソロシイ勢いで揺れています。

2010ハーリー折り返しもっと戻ってきた

着いた・・・残念ながら今年はこのグループ内だけでも先頭ではありませんでした。いつもはここでエークを高く振り上げ雄叫びをあげているCHISE様のちょいとビミョウな表情。でもよく頑張りました。

2010ハーリーゴールした

船を降りると、子供ウミンチュからねぎらいの言葉をかけてもらっているんでしょうか(笑)

2010ハーリー子ども船長

一応記念撮影しましょう。

2010ハーリー一応記念撮影1

陸に上がってもう一度集合写真。どうも気分的にはケツ・・・いいえ、背中を見せたいようで・・・

2010ハーリー記念撮影

オマケに、マドンナハーリー直前に開催されたウミンチュのレースの模様をちょっとだけ。さすがのホレボレする漕ぎっぷりでした。

2010ハーリー転覆レース1

画像の海面に白いテープが見えているでしょうか。ここがゴールです。ゴール直前です!あとは飲むだけです!!

2010ハーリー転覆レースゴール直前

カミさんも打ち上げで飲みに行ったきり戻ってきません・・・
    20:59 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top

第一回宮古島マラソンいかがですか

怒涛の自転車操業は続く。メイン作物のパパイヤはともかく、その他の野菜類など少量ながら試行・栽培しているものが軒並み今年は上手くいかなくて参っている。主要因は天候で、今年は冬から春にかけて簡単にいえば「天候不順」気味で気温も低めであったためだ。まだ沖縄は梅雨の最中であるが、例年はもっと蒸し暑いんだが今年は「生活には比較的快適」な方である。しかし作物にはどうもよろしくない。いや、全然よろしくない。

そんなわけで(ってことはないか)例年そろそろ今年後半のマラソンに向けてちょっとはマジメに走ろう、という思いが出てくる時期なんだが、今年はサッパリ、走ることなど殆ど念頭にないくらいでちょっとマズいな・・・ここ2週間は仕事上カタをつけたい事項もあり、とにかく少しでも朝早くハウスに行きたいくらいで、走ろうとも思わなかった。

今日は(カタはついてないけど)ちょっと一段落したので、バンナ一周ジョグって帰ろう、などと思っていたら夕方から大雨になった。スゴスゴ帰ったらまたも口蹄疫が広がるニュースである。先日、2回中止になった沖縄地区のセリ、今月末に臨時に開催するとか・・・ようやく各所に石灰が撒かれたような石垣島の生ヌルイ状況で、万一のことがあったらもう、何と言い訳するつもりか!?

ともかく自分自身も、身の回りにも明るい話題が少なくアタマ痛い!おなかもいたい!

お話変わって(変えましょうね笑)1週間ほど前だったか、トホホに疲れ果てたある日のこと、ホテル日航八重山の大浴場(宿泊のお客様でなくてもお金出せば入れます)に行って手足をのびのび~サウナでグッタリ~、としてたら、サウナ内で本土の方と思われる(顔で判断)スリムなおじさまに話しかけられた。「失礼ですが、地元の方ですか?」(ハァ一応こっちに住んでいますが)「マラソンされてます?」(う・・・はぁ、冗談で何度か出てますけど)「那覇マラソンで見かけたような」(え!?)・・・ビックリしました。

その方は北海道出身の方で、1年前からお仕事か何か、ともかく石垣に住まわれているそうでした。私はサウナあんまり長居ができませんので都合2回の短い会話でしたが、50km、100kmマラソンも走るとのことでなるほどランナーっぽい体つきではあるなと思いました。で、その方から「第一回宮古島マラソン参加されますか?」・・・またビックリ、そんなのあるんだ。

今週ようやく広報されました。さすがにコンテンツほんのわずかですが(しかたない)サイトも出来て既に申し込み受け付け開始です。

宮古島マラソン 

問題は10/31という日程だな(笑)。10月は昨年の久米島マラソン(今年はこの宮古島の1週前に開催予定)のように台風の影響で中止、が大いにありえます。まあ、私はたぶん参加しませんが、どうですか皆さん。楽しいですよきっと、どうですか!!

というわけで、ちょっとはこんな話題も書いて早朝ラン再開の契機としたいところですが、明日は一日中雨、だそうです。
    20:31 | Trackback : 0 | Comment : 6 | Top

なまらうめえアスパラ

今日の昼ごはんのサラダ

アスパラは北海道産

特にレタスなどの葉野菜はこの時期になると(暑くて)地元では栽培困難なので、冬には殆ど自家産でまかなえた野菜サラダもさすがに最近はほとんど本土産・・・パプリカと、パパイヤだけが地元産である。

極太のアスパラは、カミさんの仕事場の方にいただいたもので、たしか奥さまのご実家が北海道で先日帰省された際のおみやげ、だそうである。実は既に昨日の夕食でもいただいたが、(太すぎてかたいんじゃないの)などと思いつつ食べた私は、驚いた。(な・なんてゆうんだっけ、こういうの・・・そうだ!)叫んだ。

な・なまらうめぇ~

「何いってんの」とやや冷淡に応じるカミさんに、明日Nさん(いただいた方)に「なまらうめえー」って伝えてくれと頼んだ。
「覚えられない」というカミさんのために付箋紙に「なまらうめぇ」と書いて今朝持たせましたが、お礼の言葉によろこんでいただけたでしょうか。

アスパラはもちろんこちらのスーパーで入手できないわけではないが、こんなに大きくておいしいアスパラはさすが旬の北海道産だ。ほとんど何もつけないでボリボリ食った。少し残しておいたものが今日の昼飯だ。やっぱりなまらうめえことこの上ありませんでした。

    12:08 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top

実は大騒ぎだったらしい昨日

昨日の記事は、遅い昼飯のあとに書いたものだが、夕方家に戻ってパソコンを起動して腰を抜かした。「沖縄で口蹄疫疑い」の見出し、あわてて記事詳細を見ると「石垣市内の農場」!
午後9時頃、陰性判定が報じられ、ほっと一息だったが、その間というもの明日からの仕事&生活へのめくるめく妄想(?)といったらなかった。

本日の朝刊によると該当の牛に口蹄疫疑いの症状が確認されたのは31日で、すぐに八重山家畜保健衛生所が検体を(独)動物衛生研究所に送り昨日1日夜に陰性の判定が出たということだ。31日の時点で対策本部が立ちあげられ、1日朝までに各離島に連絡およびターミナルでの消毒徹底が通知されたとのことだが、「結果が出るまで箝口令を敷いた」のは(その範囲を含め)議論される必要があるのではないだろうか。

私は昨日夕方YahooなりGoogleなりのニュースページでしか情報を得られなかったが、どうも(多くの)畜産農家もほぼ似たようなものだったらしい。ニュースを見て急いで(隣の)実家に電話したら、(実際に牛を飼っている)オヤジは長男から聞いて既に知っていた。しかしその長男(カミさんの弟)はJAと関連が深い仕事だが、昨日午後にようやく(たぶんJAで)その件を知ったそうだ。

その間、疑いの出た畜舎周辺では消毒作業も行われたらしいが、他の畜産農家や関係職員が知らないとなると農場への出入りの可能性は多いわけで、今回万一感染が判明していたら、と思うと全くゾっとする。

「対策本部」は陰性判明を受けてとりあえず解散するのかどうなのか知らんが、防疫に関して改めて万全の(万全などありえないとも言えるが)準備をする契機となってほしい。

    07:00 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

牛舎への白い道

昨日、沖縄県内の家畜セリは先月に引き続き今月も中止と決定された。これは事態の進展からみて当然そうなるだろうと私も、多くの畜産農家も予測はしていたことだろうが、むしろこの後いったい何時から再開できるのか想像もつかない状況に非常な不安、恐怖を感じている。

毎日農園で仕事をしていても、ふと気がつくと口蹄疫のことを考えている。宮崎で実際に進行、展開している事について、沖縄での遅れ馳せながらの対策について、知人の畜産農家のことについて・・・何ができるわけでもないんだが、脳裏を離れることがない。自分の身にことよせて、今私の目の前にある作物が何らかの原因ですべて処分、廃棄された何もないハウスを想像する。


かなり前から良く見ていた鹿児島県の家畜診療所のサイト掲示板に、数日前「防疫作業終了」と題した、自分の畜舎の殺処分を完了された農家の方が刻明に経緯を記されたスレッドが立った。殆ど吐き気を催すような現場のリポートに私は震えあがらんばかりだったが、何よりも「(自分を育ててくれた牛たちのためにも)必ず再建する」との決意を読んで心打たれない人はおるまい。

このサイトは以前からネット上で非常に有効な、かつ具体的なノウハウを提供されているが、今回の口蹄疫に関連しても(私には)最も頼りになる情報源、かつ情報交流の場となっており、拙blogを見ていただいている数少ない皆さんにも一度是非みてほしいと願って今日はここにご紹介します。

(有)シェパード 中央家畜診療所

上述のスレッドは、サイトトップのメニュー「掲示板」アイコンから。「掲示板」はトピックごとに、あるいはある程度長くなると新しいスレッドが立つ方式です。

また、トップページには現在有用な多くの情報サイトにリンクが張られていますので、口蹄疫に関連した各方面の情報を得るのにも非常に重宝します。
募金や署名など各種の支援運動へのリンクもこのトップページにあります。
    14:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。