FC2ブログ

Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

CTスキャンってはじめて?

去る月曜日の午後、私はハウス屋根修理をしておりましたが、その最中に屋根部分を構成する40cm間隔でわたされている鉄骨の間を踏み外し(正確には踏み位置が悪くて、しかもフィルムが劣化した部分だったらしく破れてズボっと鉄骨から足が落ちた)腰の部分まで落ちたが鉄骨幅40cmなので平行棒みたいに両脇で支えるようになって止まった。誰もいないハウスで「イタイ!イタ~ぃ・・・ぅぅ・・・」と叫びつつ体はすぐに引き上げ、屋根の谷間でしばらくうずくまっていた。

体の左側をあちこち打撲した恰好で、左足のヒザ下内側と左脇のあたりが痛い。足は打撲で(厚手の作業着履いていたが)出血してとりあえず痛いが、立ち上がってみると骨には全く異常ないようだ。その時は一番痛いのが足だったんだが、その後しばらくしてわき腹も結構痛く感じてきた。腰上部の左側を前後両方からそれぞれ打撲しているようで、肋骨が心配になったが肋骨の最下部から腰にかけてだったので骨に異常あるまいということにした。

その夜は普通に仰向けになって寝ているとどうにも左の腰部分が痛く、かといってどんな向きにしてもどっか痛いので半分しか寝ていないような状態で朝になった。翌日は配達とかいろいろあったので動き回ったが、歩いている分にはそれほど痛みを感じない。しかし、しゃがんだり、車から降りるときの姿勢になると思わずアガっと声がでるような感じ。

チクショー今年もまたよりによってこの時期に・・・(去年はNAHAマラソン前日にパイプハウスから落ちた)でもこの時期にはこの手の仕事が多いのは例年のことだし、今年は特に自分のハウス修理だから仕方ない。もうすでにキロ何分までペース落として走ろう・・・などとオメデタイことを考えていた。

昨日、単なる打撲にせよ少しでも早く回復したいと思って外科に行った。まあ打った場所が場所だから肋骨にヒビが入っているかもしれないから、ということでレントゲンとCT撮影。CTスキャン初体験の私はちょっとコーフン、スゲーなこんなの初めて。どんな画像が見れるのかしら。

そして最終診察まで(やっぱり病院は混んでるんだ!)2時間半、そろそろ待ちくたびれた私は、しかしほとんど三次元映像で自分の肋骨がグルグル回っている大型ディスプレイに再度コーフン!スゲーなこれって俺のホネ!?フツーにガイコツ模型みてーぢゃねぇか。

上部から「全く問題ないですね・・・出血もないし、大丈夫です」といいつつグルグル画像は回転しながら肋骨全体を細かく見てまわったが、最後の骨がなんか太いクレバスみたいな割れ目あるような気が・・・「ああ、一番下が折れてますね・・・右側は全く問題ないですね、左側の一番下、第12(13だった?)肋骨(とかなんとか)骨折ですね」

・・・ああそうですか・・・(「全く問題ないですね」って2回言わんかったかセンセイ・・・)

「ヒビ」とは言えない程度に折れているようだ(??)が骨折による周辺部位への損傷や内出血などはないとのこと。とりあえず肋骨骨折お決まりの胸部バンドと痛み止め、湿布薬が処方された。

三次元画像のインパクトは絶大で、さすがに私も(あのー、来週末マラソン走れますかね)って訊く根性はありません、というより全く意識に登らなかった。

そんなわけですから、ここで高らかにDNS宣言とかしませんけど、まあ、皆さんここはそっとしておいてやってくださいよ(笑)・・・(泣)←ホントはこっち?

あーそうだそうだ、もっと気になることがあるんだけど、CTの前に胸部レントゲン撮影もやって、その画像を見ながらセンセイが聞いた「Kさんタバコ吸ってる?」「いーえまったく吸いません」「ふーん、おかしいなあ、なんでこんなに写ってるんだろ」「・・・え?・・・」「じゃあCTの方見ましょう」

その後は骨折画像に魂を奪われすっかり忘れてましたが、俺の肺はヘビースモーカーっぽく写ってたってことだろ!?

次回診察時のお楽しみ、ということにしておこう。なむ~
スポンサーサイト



    13:00 | Trackback : 0 | Comment : 10 | Top
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード