Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

初めて見たトップ選手のゴール

本日の第9回石垣島マラソンはずっと続いていた低温傾向の日々から一転し、暑いレースとなった。最高気温は22度を超えたが、大寒を過ぎたばかりとはいえ日射しの強さを感じるほどであった。
これまでずっとフルに出場していたが今年はハーフなので、自分がゴールしたあとで楽しみに待っていたのは2時間半くらいで帰ってくるフルのトップ選手たちのゴールである。市民ランナーのトップクラスの走りは実際見たことがなかったから。

今年はやはり暑かったとみえて、例年2時間30分あたりで入ってくるトップも結果として38分(岩手県目移選手2連覇)サブスリーは13名しかいなかった。サブスリーの選手ゴールは全員見ていたが、驚いたことにみんなヘロヘロでゴールしてくるのだった。当たり前ぢゃないか、といわれそうだが、テレビで観る実業団など競技選手のゴールしか知らない私には全く意外なほどだった。例えばトップの目移選手など、ゴール直前のストレートでは並行して入ってくるハーフの人と同じようなペースでまるで腰を痛めたかのように上半身をよじるようにしてゴールしたのでその場面だけを見ればとても2時間半で走ってきたとは思えないほどだ。

その後もハーフに出たカミさんを待ってしばらくゴール地点で応援していたが、それぞれのペースであれ、やはりフルマラソンで自力を発揮するのは大変なことだ、と改めて思いもしたし、フルマラソン(へ挑戦すること)の面白さもいろいろ考えた、という点では自分にとっては良いことだったかな。

さて、そんな風にいろいろ思いながらカミさんの戻るのを待っていたが、フルのトップに遅れる事3分!なんと2時間40分以上かけて帰ってきやがった。写真手前の日焼け防止スタイルの方。

ずんこしゃんゴール寸前

このあと私はフル出場の知人の写真撮影、のつもりでしたが、あまりに天気が良くて農園にいかなくてはならず、一旦退場し、午後3時からの交流パーティーに参加しました。

石垣市運動公園の室内練習場でのパーティーですが、ステージ上には石垣市長、竹富町長、与那国町長の3人揃い踏みという異様な光景・・・いいえ、実はこのお3方お揃いで10kmの部に参加されたのでした。昨年の与那国マラソン、そして来月のやまねこマラソンにもお揃いで参加されます。良いことです。

八重山市長・町長連合ランナー

さて下の写真は左からカミさんとCHISE様そして男性は北海道からお越しになりフルに参加されたトライアスリートMさんです。右端は年代別(?0代)3位のTNさん。

ぶがりのーしパーティー4人組

Mさんが撮ってくれましたので私も入りましたが、わざとらしい顔で笑っている理由はですね、この直前の「おたのしみ抽選会」で私、ほぼ末等の16等(持っている紙袋)が当選してしまったからです。16等賞品はなぜか昨年の沖縄開催インターハイ記念タオルとか、結構謎の寄せ集めでしたが有難く頂戴しました。

ぶがりのーし記念撮影その2

最後に余談ですが、私自身については骨折後の復活リハビリランというつもりは特にありませんでしたが、今回はフルのときと同じキロ5分厳守をテーマにしました。バンナ公園のアップダウン区間約4km余りはキロ5分が非常にキツイことは普段の練習でよくわかっていますが、とにかくキロ5分ということで。
スタート後の1kmは混雑のため7分かかりましたが、その後は最後までキロ5分キープしました。キッチリ1時間47分、私の照準は既に年末のNAHAマラソンです(笑←ホント)。

    23:28 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

マラソン前日の予兆

マラソンのぼり北口ハーフ

明日は石垣島マラソンだ。昨年末の恒例NAHAマラソンは怪我でDNSしたから、マラソン走るのは去年の石垣島大会以来1年ぶり、ということになる・・・んだが・・・

わたくし今回はハーフマラソンですのよ

こんな私でも毎年走っているので、タイム的にお近くの方々(の一部)からは逃げやがっただの寄る年波は隠せないだの一度ハーフにしちゃったらもうフルには戻れないだの意味不明な言われようだ。ほっといてくれよ。

ハーフマラソンで、今回は怪我の後ということもあり特にタイム的にネライもない(いつもないか?)、となると毎日の習慣である早朝ランのみ普通どおりやっている、という状況で、とりわけ明日にむけて調整も何もありませんで今朝もいつものように朝バンナ公園一周してきた。

ハーフのコースはいつもの私のランコースであるバンナ公園を通過するので、2日前くらいには公園内コース各所にもノボリが設置された。冒頭の写真は今朝の私の朝ランスタート地点にあるノボリで、ハーフマラソンのコースでは11kmあたり。ちょうど中間地点ってことだな。ここからがしばらくアップダウンで大変になるが、それを予感させるようにこの先のノボリが次々なぎ倒されているではありませんか。

マラソン倒れたのぼり

これは昨日の強風によるもので、もちろんイタズラなどではありません。打ち込んだ鉄の棒にくくりつけてあるんですが、昨日の風はよほど強かったのでしょう。なんだか撃沈した自分を見るようでしばし呆然と眺めていたらさっそく修復隊が巡回してこられました。余計な作業が増えてしまいましたが、お疲れ様です。明日はこのブルーの旗がはためきランナーを応援することでしょう。


    13:52 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

夜の音

天気予報とは若干遅れて夜半近くになって雨が降り始めた。やや東寄りの風のため、パソコンのある部屋の東側窓をたたく雨音は次第に激しくなる。通過する車の音。時々近隣の犬が吠える。外の音だけではなく、部屋にある冷蔵庫(一人暮らしの頃からの、古い小型冷蔵庫。今は設定温度を上げて種子保存用)の音、パソコン本体とキーボードの音。

と、先日も同じような状況で机でゆうパック伝票などを書いていたときのこと、カミさんが見るともなしにつけていたテレビはインディージョーンズ?そのバックに途切れることなく流れつづけている音楽。あまり気にもしないがそれにしても一瞬の息継ぎもないような、延々垂れ流し続けているような音で、しかもいかにもハリウッド映画(の音楽)って紋切り型に徹底しており呆れる。

何度も書いたような気がするが、私はいろいろな場所で流されるBGMとか音響が結構気になる、というよりカンに障る。NHKニュースでさえ、なんでニュースのトピックスが変わるたびにぴょろろろ~ン♪みたいな音を流さなきゃいけないのか。

それから「テーマソング」勝手に作るのもカンベンだ。特にオリンピックはじめスポーツイベントに、どうして勝手にテーマソングを設定するのか。例えば前回の冬季だった?き~み~へ~と・・・とかいうヴォーカルが聞こえるたびに私は眉をひそめた(というか気持ち悪くて眉が勝手にヒソマった)。

これまた見るともなしに流していた昨年末の紅白、あのH大先生の「歌の力」ってやつが紅白の「テーマソング」になってるんですか!?ビックリしたな。あの曲っていかにも日本的愛唱歌をめざして作られた感じがして(私には)非常に気持ち悪いんだが、何か聞いたことのある旋律だと感じていた。(愛唱歌、ではなくて軍歌かもしれないが)「海ゆかば」を連想させるし、もっと似ているのは「城ケ島の雨」だな(笑)。「唄は船頭さんの~(城ケ島の雨・大正時代の作曲)」の部分とほぼ同じ。まあ、似ていることはともかく、こういう日本愛唱歌のニュアンスを狙ったということなんだろうな。大先生の職人技さすがだぜ。

・・・とまあ、苦手なモノについて悪く書くことは良くないかな。気分的にも良くないな。
再び「音楽」のない、今の身の回りの音を聴いてみよう。すると間断なく続く冷蔵庫やパソコンの電気製品の音や濡れた路面を走る車の音。まあこれらも一種の「騒音」ではあるが、それでもヘッドフォンで周囲の音を遮断して音楽を聴く気にはならない。次第に夜半の静けさが増すように感じられる、それを感じつついるほうがましだ。

もう30年以上も前なんだが、ある離島を旅したとき午後9時には自家発電の電気も消えた。民宿の小さな部屋の中ではそれこそ何も見えない漆黒の闇で、薄い敷布に横たわると呼吸とか心臓の音とか自分の体の音がこんなに大きなものなんだと思った。聞いたこともない不思議な鳥の声に気づいて外を見ると星あかりですごく明るい。そして渦巻くような音に満ちているんだな。実際にはそれは遠いリーフエッジで砕ける波の音だったり風の音だったりしたのだろうが、宇宙の音、と思うと同時に、宇宙空間では音もあるまい、ではこれは生命の満ちるこの地球の音、などと考えたものである。


    23:39 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top

天・地・虹

年末から続く寒波襲来は本土から遠く離れた八重山でも影響を免れ得なく、毎日曇りや雨で寒い。一昨日の日曜日は北風が非常に強く、冷たいにわか雨が降ったり、束の間の晴れ間がのぞくという典型的な冬の天気だった。

去る日曜日は離島を含む各地域チームにより島を一周する「八重山毎日駅伝大会」の日で、選手たちにとっては気温はともかく強い北風と雨は難儀なことだったろう。私は駅伝スタート時刻の頃(朝9時)農園に向かったが、折しもにわか雨ながら日差しがさし、西側の中空高く大きな虹がかかった。その後も降ったり日差しが出たりで、何度も虹が見られた。

昼に自宅に戻って食事した後、北側の窓の外に虹の色がみえたが、太陽が高い位置にある関係上虹の位置は低い。ほとんど地をはうように平べったい虹が雑然とした住宅街の上にかかる。

自宅からの低い虹

なかなか珍しい光景だと思って一応写真撮っておいたんだが、今朝の新聞には名蔵での写真で記事になっていた。

新聞記事の低い虹

この日は天高くおおきく架かる虹から、地を這うような虹まで、いろいろな虹に遭遇した一日だった。
    06:59 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

心遣いを添える「サン」

今の住まいはカミさんの実家のすぐ隣なので、なにかの時にモノを貸し借りすることも少なくない。今日、実家のR子が、貸していた「炊飯器」を返しにきた。もちろん実家には炊飯器はあるが、親戚の法事とか、そんな時に必ず出番になるのが我が家の炊飯器である。一升炊きだから。(これは私が独身時代から使用していた、かなり古いものだが大家族であるはずの実家炊飯器は5合だか6合炊き)

炊飯器とともに、「今日これで炊いたの残り少し食べてねー」と、もち米を炊いたごはんをくれた。下の写真がそれだが、タッパーに入ってラップもしてるので何だかよくわからない。しかし今日のタイトルはタッパーのフタにある青いビニールのヒモである。

サンを添えたおすそ分け

実家からは、大量に作ったときのおかずや頂き物のお菓子とか、よくおすそわけしてくれるんだが、R子が持ってきてくれるときには必ずナベやボウルなどの食器にこのヒモをくるっと巻いた状のものがついている。私は当初意味をしらず、「この食器は実家のです」という目印かと思っていたが全然違った。
これは「サン」とよばれるもので、本来はススキの葉で結ぶのが一般的。もともとは「厄除け」の意味があり、親が子供に持たせたり、このように食べ物のおすそわけの時に添える習慣がある。いわば「沖縄のお守り」で、シーサーや「石敢當(いしがんとう)」、さらにいえば塩(マース)とかスイジガイ、タカラガイ(貝、ですね)など沖縄各地で普通に見られるお守りのひとつといってよい。

サンの結び方は種類があって、この例は結びのところが「入」に見える(見えないこともない?)が、これには魂(マブイ)を入れる、福を入れるといった意味がありお裾分けのときによく使われる。厄除けのお守りなどの場合は「出」の結びがあり、こちらは携帯するお守りや、玄関に飾ったりするときに使う。

実家からの「サン」はススキの葉っぱなどそうそういつも使えないからこのビニールひもで、風情はないけれどささやかな心遣いが感じられる。
    22:56 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top

タイのショウガ味スープ「トムカーガイ」

昨夜はスープだけ私が作った。カミさんが留守の時はともかく、料理を趣味としているわけでもない私が台所で何か作るなどレアアース、いいえ、レアケースだが農園にちょっとだけあるアジアン系食材を持って帰ったので。
今日のオジサン料理はタイの有名スープのひとつ、トムカーガイ。カーはショウガのこと。タイのスープといえばトムヤムクンはよく知られているが、こちらはそれほど有名でもないか。酸っぱい、辛いトムヤムクンとは大幅に味わいを異とするのはココナッツミルクを使用するからである。名前にあるようにショウガ味であるから単に甘い・マイルド、とはいえないがトムヤムに比べれば確かに甘くでマイルドである。

オジサン料理として簡単に私にできてしまうのは、出来あいの「ペースト」があるから。ペーストがあればココナッツミルクと鶏肉があればすぐできる。味の調整にナムプラーなどの魚醤を加え、パクチー(コリアンダー)を添えればいうことなし。

トムカーペーストを使用してあっという間にできたのがこれである。

自家製トムカーガイ

本日使用しましたのはですね、まず基本のトムカーペースト(一袋50g)、ココナッツミルク1缶(450g)、鶏むね肉400g
あとはありあわせの野菜類、赤ピーマンと黄緑色のピーマン(ただしこれは自分で栽培しているタイの生食用トウガラシ)、エリンギ。
写真左側に半分沈んで写っている緑の葉はタイバジル(タイのスイートバジル、バイホラパー)、右下の濃い緑はバイマックル(こぶみかんの葉)。
ナムプラー少々にライム果汁ほんのわずか。
でございます。

下の写真はトムカーペーストのパッケージですが、こちらがホントのトムカーガイ画像。写真はイメージです、であろうが、フクロタケは定番にしても右下にショウガの丸ごとがズボっと入ってるんだが、こんな風にするのかな。これはカジるのかな?

トムカーペーストパッケージ

エスニック食材を扱うお店(ネットショップ含む)であれば最近はこのトムカーペースト、扱っているところが多いですから気になる方は「トムカーガイ」または「トムカーペースト」で検索すればすぐに見つかります。またペーストではなく素材から本格的に作るレシピもあります。

私の場合はペーストで即席料理みたいなもんですが、それでもバイマックル、バイホラパー、タイの唐辛子、生ライムは自家農園から調達ですのでそれなりに自己満足。ヘンなものがチョコチョコあるんですよ私のハウスには。ヘンなものが増殖しすぎたキライもあり、先日ハウスを訪問された某センセイは入るなり「パパイヤのハウスってわけじゃないのね・・・」と非常に微妙なコメント。ちょっと恥ずかしい。

    13:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

寒い日はぜんざい

沖縄で「ぜんざい」と言ったらどちらかというと冷たいぜんざいを連想する方が多い。温かいぜんざいはメニューにわざわざ「ホットぜんざい」と書いてあったりもする。冬とはいえ天気がよければすぐに気温20度を越えてしまう当地であるが、年末からずっと寒い日が続いており今はゼッタイ「ホット」がほしい。

今日はお昼が遅くなってしまい午後の仕事に出かけるのをノロノロしていたらカミさんが帰ってきた。突然ぜんざい食いに行こう、ということになり、市街地の「ゆうくぬみ」まで。八重山郵便局の少し南側、ユーグレナモール(旧あやぱにモール)入り口の縦通り小道を南下したところにあります。お食事は八重山そばオンリーの小さなお店だが、そば以外にぜんざい系の甘い物有り。

ゆうくぬみ入り口

お店の入り口にあるかき氷のれんが今日は寒々しいが、一瞬でも暖かくなればすぐに売れるのだろう、年中出てます。「ゆうくぬみ」は「せまいところ」とか「小さなところ」のような意味。入り口も小さいが、中も小さなテーブル席3つとおひとり様カウンター席で適正な満員人数は7人くらい?

当然ホットなぜんざいを注文。お餅2個入って腹もちよろしい。甘いものも好きな私だがちょっと甘すぎた。日本茶おかわりした。

ゆうくぬみのぜんざい(ホット)

このお店は私が石垣に来た12年前には既にあったから、ずいぶん前からだろうな。その頃はお昼にお弁当風ランチもあり、よく行った。トライアスリートの庭田選手なんか必ず立ち寄っていらしたようでサインもあるが、実はここの店主長田さん(女性)のダンナのおとうさん、つまりジージーは地元ではよく知られたスーパーランナー「がっちゃオジー」なのである。長田さん夫婦も大の「自転車好き」、正月から2人でバイク走り初めだったらしい。特にダンナさんは「バイク命」とのこと。

小さいお店ですが、ひとりでも入りやすい。市街地をブラブラ散歩や買い物したりする観光客の皆さんがちょっと一休みするのにも格好のお店です。
    23:36 | Trackback : 0 | Comment : 11 | Top
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード