FC2ブログ

Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

オイオイおいもぽっくる

福岡に出張して本日帰島したカミさんのお土産は、宮崎県推奨優良県産品「おいもぽっくる」・・・だからどこ行ってたんだよって話ですよ奥様!

おいもぽっくるパッケージ

しかもなんでこれ買ってきたのか聞いたら、「え~これじゃがポックルのまねっこだーと思って面白いから」
あっそうですか。
箱を開けると中の小分けパックもまるっきりまねっこ、といわれてもしかたないですね笑

おいもぽっくる小分け袋

さすがに宮崎ですからじゃがいもではなくて「さつまいも」ですよ。しかし「日向灘の焼き塩で仕上げました」とのことで、これまたじゃがポックルとほぼ同様の仕上がり。

いただいてみると、おいしいです。じゃがポックルとは別の味わいで、これはこれでよろしいんではないでしょうか。但しサツマイモなので塩振りとはいっても甘みがあり、ビールのつまみにはじゃがポックルが断然合います。
でもねー、じゃがポックルの命名背景にはコロボックルがあるわけで、個人的には「おいもぽっくる」という商品名にはもう少し考えた方がいいんではないでしょうか、というか独自路線を開発してイケル商品だと思いましたよ。
ところで、カミさんは宮崎に行っていたわけではなく、博多に行っていたんですが、このおいもぽっくるは宮崎だけでなく博多空港内で買えるそうです。
スポンサーサイト
    20:11 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

O&CO オリーブオイル

カミさんまだ福岡出張中。今日は早めの夕飯を済ませて食器洗い&お風呂&洗濯も終了し(ここまで飲んでないところが重要!)もう寝てもいいんだが、まあ一応ビール一本くらいは飲もうか、ということで飲んでます。

食事も終わったので、ツマミは軽く「ナッツとクラッカー」(トップバリュ)・・・だけでは寂しいので本日のスペシャル「シェフの気まぐれ自家菜園ワケありトマトミックスO&COオリーブオイルかけ」←ありがちでしょ笑

トマトサラダオリーブオイルがけ

こんなにトマトばっかり食うんか!って感じですけど、ウチでは普段トマトは包丁入れません。大玉も丸ごとたべる方がおいしいと思っていますが、今日はスソ物、というか傷あり、あるいは部分的に傷んだものを自宅用にしていますので、キレイに見せるためスライスしました。ルネサンス(中大玉)1個と、ミニは現在栽培しているもの全種類あります(千果、アイコ、イエローアイコ、シンディーオレンジ)。

今日のポイントは写真左上のビン、オリーブオイルです。これも普段あまりやることではありませんが、本日はシェフの気まぐれ、ということで軽くオリーブオイルをふりかけてみました。

O&COのオリーブオイルですが、下の写真でおわかりのように、これはバジルが添加されており、トマトサラダなどには非常によくあいます。このほかシトラスなど、何種類かの香味油があります。

O&COのバジルオリーブオイル

どのトマトが一番このオリーブオイルに合うか、と思いながら食しましたが、今日の気まぐれシェフの結論としてはやはり大玉系(本日はルネサンス)の方がお互いに引き立つかもしれませんね。ミニトマトの、特に酸味の少ないものは何もつけない方がいいような気がします。ただアイコやイエローアイコをドライにしたものを漬けると美味しいんではないか・・・これはそのうちやってみましょう。
    21:57 | Trackback : 0 | Comment : 6 | Top

夏か冬か

下の写真は先日春分の日(21日)夕方、農園で撮影。石垣空港へ着陸する航空機は天候が良いとほとんど私のハウス真上を通過して降下してゆく。この日はほぼ快晴で最高気温27度。半袖でも「暑い」と感じたほどだ。

ANA_20110321PM

21日は八重山地方の「海開き」でもあった。例年天気が悪くて初泳ぎする子供たちがカワイソウなんだが、今年は絶好の日和。しかし本年は海の安全祈願のみささやかに執り行われて各種イベントは中止となった。

さて今日はお昼の気温16度。お昼の気温差10度以上・・・長袖2枚着こんでいるのに「寒い」。特にこの時期の八重山地方は三寒四温とかそんなんではなくて、冬か夏かどっちかなんだなー。いささか極端です。でももう三月も終わり近いので、例年の傾向からして「寒い」というのは今週で最後なんじゃないかと思っている。

今朝の石垣空港、薄暗い曇天で時折細かい雨が降る。写真はこれから那覇に向かうANA機。

ANA_20110323

姪っ子の大学進学で、カミさん&妹(姪っ子の母)が引っ越し手伝いのため福岡に行った。この妹が、なんてゆうんですか、土地勘がないこと極まりないというんですか、第一殆ど飛行機にも乗らないヒトなので、本人(と周囲)があまりにも心配なため(笑)カミさんが付いていくんですよどーもすみませんね。

J_meets_F

空港内で仕事をしているF君が搭乗階段の前で案内していた(左端蛍光黄色)。その右黄色いジャケットはカミさんで、その後ろを「ちょっと待って~荷物重い~」てな感じで歩いてるのが妹。
F君はかつて石垣島トライアスロンリレーの部でカミさんとグループ組んだこともある長年のお友達である。いまやF君はエイジ部門で島一位二位を争うツワモノなんだが、カミさんたちを飛行機の中に見送ったあと「じゃあダンナも見送りに来てるよな」といった感じでこちら(送迎デッキ)を振り向き、やっぱりね!と笑って僕に手を振った。ツワモノなんだが、心やさしい人なのである。

それはともかくあの人たちそろそろ福岡に着いた時分だが、ちゃんと福岡に着いてるだろうか。
    14:00 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top

一瞬のモンスター

もうずいぶん前の話になるがNHKニュース9だったか、福岡県のある体育教師の授業を紹介されていた。(中学生)男子の半数がバク転ができるようになる。水泳では多くの子供たちが個人メドレーを泳げるようになる。あるいはついにできないまま卒業することもあろうが、生徒たちの「一番好きなのは体育の授業」という喜びに満ちた声にとても感激もしたが、驚いた、といった方が良い。その時の驚きは「できるようになることの喜び」を引き出したい、という先生が世の中にはいるもんだ、ということである。

あまりこういう事は書きたくない気もするが、軽口、ということでいえば私は相当な「先生嫌い」だった。特に高校時代は。勿論先生からも決してカワイイ生徒ではなかったのは明らかでまあいろいろエピソードもあるんだが下らないので書かない。今でも一応「進学校」だったその学校の授業で得たものは無いに等しいと思っている。ちょっと思い出してみても、高校時代の授業というのはわからんやつにはわからんし、デキる秀才君たちにはとっくにわかっていることであった。体育とか音楽とかもそうだ。先生はその子がどれだけできるかを評価するだけで、泳げない子が泳げるようになるとか、音楽に、美術に、こんなに素晴らしい世界がある、とか感じさせてくれた先生など(私は)残念ながら知らない。

体育の授業から、できるようになる、という事の喜びを僅かでも感じ取った子どもたちが得たものを何と言えばいいのか?これから彼らが遭遇する様々な困難や試練へ立ち向かうまなざしはきっと力強いものであるだろうと確信する。

さて、いきなり話は超低空飛行に移行。昨夜は先日のバレンタインに賞味期限切れのロイズ生チョコをくれた(笑)姪っ子へのお返し&高校卒業祝い、と銘打ち実家すぐ目の前のお店で外食した。姪っ子の母(カミさんの妹)と私のカミさんと4人で。高校の卒業式は3/1だったんだが、実は姪っ子は一昨日の月曜に2週間遅れで卒業証書をようやく受け取った。

詳細を書くつもりはないが、まあ簡単にいうとですね、姪っ子は高校の部活をやっていて卒業式少し前に市内公民館で最後の「発表会」(一応毎年恒例の卒業記念行事である)があり、前日深夜まで準備していて足りないモノを買いに5,6名でコンビニに行ったわけ。するとたまたまコンビニ内で(別の高校の)先生に遭遇し、学校に通知されたということだ。

卒業式目前にした学校側は超迅速に対応。深夜コンビニに行った生徒たちの1~2週間の謹慎(?)処分決定、卒業式には当然出られなかった。なぜか謹慎期間が違っていたんだが、本人たちの意向でみんな同時に、最長謹慎期間の子にあわせて月曜に揃って卒業証書を受け取った。

翌日保護者も学校に呼ばれ、卒業に関連する今後のスケジュールなどを聞いたらしいが、(妹は笑いながら言ってたんだが)「先生方がみんな冷たかった」そうで、生徒たちがコンビニに行って買い物をするに及んだ経緯を推し量った発言は(先生方からは)なく、お決まりの「反省文」など書かせ、部長格だった生徒は髪を切ってきた。一部の保護者から「卒業式は一緒にさせてやってくれないか」という嘆願は全く無視された、そうである。

私はこの翌日カミさんからこの話を聞いたんだが、一瞬だけ非常に腹が立って何だこの先生方は、で顧問はどうしてんだ、担任は何と、と殆どモンスター化。しかし一瞬でクールダウンした。なぜなら、自分は「先生とはこうしたもの」だと思ってこれまで生きてきたんだから、この事態にだけ先生にマトモな対応を期待するのは間違いだ、と気付いたから。(ついでながらモンスター○○っていうのは自分がもともと期待も信頼もしていないのに都合良くそれを忘却する人なんだろうな、とその時思った)結局1分後には「だから俺は先生って嫌いだよ」とつぶやいておしまい。

これでおしまいだったが、実はその1分後もう一度だけプチモンスター化した。処分の決定が通達されて一通りのやりとりが終わった頃、ある先生が「今後は生徒たちの心のケアを」ときた。もしケアの必要があるとしてだな、誰がするんだよ。心のケアを「保護者の皆さんよろしく」っていってんのか?まさにおためごかしとはこのことだ。(いつかの某歌手の腐っちゃう発言に対してのように)まずはテメーの頭をケアしなさい。だから先生って嫌いなんだよ。

とまあ、私が先生を嫌おうがどうしようが関係なく、昨夜の食事は楽しいひとときだった。姪っ子はいつもと変わらず元気でたくさん食べた。来週末にはもう実家を離れて福岡へ向かい短大に入学。元気でがんばってほしい。
    13:06 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

シルエットでいごロマンス

昨日?NHKのニュース(全国)で流れたらしいが、ここ数年八重山地方ではデイゴの花がほとんど見られない。これは「デイゴヒメコバチ」による被害ということで、その駆除のための農薬灌注などにより一部の樹はその勢いを取り戻しつつある。市役所にあるデイゴの大木、また大浜中学校のそれにも今年は花がついたとのこと。この対策にはNPO「花と緑の石垣島」が尽力されている。

さて私のジョギングコースのバンナ公園周囲にもあちこちデイゴの大木がある。かつては石垣ダム横のデイゴなど今の季節燃えるような真紅の花を沢山つけていたものだが、枯死してはいないものの未だ花をつける様子はない。写真はバンナ公園北口駐車場で。樹の姿はごらんのように堂々たるものであるがほとんど枯れ木のように見える。

バンナ北口のデイゴシルエット

バンナ公園北口デイゴのアップ

夕暮れ時のシルエットなので写真ではわからないが、部分的には小さな緑色の新芽がついていて、この木も回復にむかっているということを期待させる。再び花をつけるまでにはあと数年かかるかもしれないが、それを楽しみにしたいと思う。
    23:32 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

フルーツパパイヤ少しですが販売します

なかなかスンナリ暖かくならないですな・・・今日も農園では早朝気温がほとんど10度近くまで下がってほぼ真冬並み。パパイヤの調子は相変わらず遅々としておりご注文再開いつできるか大変心配です。

今回の悪天候による影響は、昨年秋以降に開花した花(の果実)に出ているわけですが、その前に順調についていた実はそのまま大きくなっており、果物パパイヤとして少しずつ収穫開始しています。

まだ本家サイトのご注文フォームは直していません(今夜中に直す予定)が、フルーツパパイヤについてはご注文をお受けします。
しかし、今年はフルーツとして収穫できる果実もあまり残っていません。不本意ながら超短命な季節商品になります。たぶんこれから1ヵ月くらいしかありませんので、ご希望の方は明日以降ご注文よろしくお願い申し上げます。また一度に適熟のものが多く採れるわけではありませんので、ご注文をお受けしてから発送まで数日お待ちいただく場合もございます。

下は本日の昼飯のサラダです。果物パパイヤは常に試食しておりますが、先月までは味も糖度も乗らずイマイチでしたが、ようやくおいしくなりました。

フルーツパパイヤ販売前のサラダ

ついでに書いときますが、パパイヤ以外はですね、サラダの葉はオークリーフ、キュウリ、トマトは小さめの「ルネサンス」半分、サラダ用パスタ。ゆずドレッシングです。
野菜はすべて自家菜園&隣の川満農園から。
    13:11 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。