Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

サルも木からすべる街角

「きいやま商店」によれば、彼らのおじさんである「スミオ」おじぃはマンゴーのつもりでサルスベリを植えていたとのことであるが(別バージョンではバンシルー(グァバ))、サルスベリの木を、とりわけそのサルも滑るというツルツルの幹を知るひとはいくらなんでも間違えることはあり得ない、というだろう。

ここのところ市街地の街路樹で葉を茂らせ、藤色っぽい紫色の花をつけているのは「オオバナサルスベリ」である。ウチの近くの「産業道路」、とりわけ平得(ひらえ)地区あたりの道路沿いでは見頃。

オオバナサルスベリ

上の写真は、平得ではなくバンナ公園で撮ったものである。バンナ公園にもあちこちで咲いているが、私がより好きなのは普通の(?)サルスベリ、こちらもこれから開花のピークといったところ。

バンナ公園北口駐車場近くの道には、歩道に沿って植栽されている。駐車場の入り口付近。

北口駐車場前のサルスベリ

オオバナサルスベリと同様のピンク系、春先に剪定されたが伸びてきた枝先に花穂がついている。

さるすべりピンクのアップ

白花はとても爽やかな印象。真夏の青空と雲をバックに映える。

青空をバックに白花サルスベリ

近くでみると花数は多いし花穂のボリュームもかなりあるのだが、しなやかな幹が風にそよいで大きく揺れる。オオバナサルスベリと違って葉が小さめなので、風通しのいい感じ。これからのクソ暑い季節に楽しめる花であります。

白花サルスベリアップ


スポンサーサイト
    22:39 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

ウミンチュのいのちかがやくユッカヌヒー

先週の土曜日(6/23)は沖縄戦の組織的戦闘が終結したとされることにより沖縄県が定めた「慰霊の日」。毎年正午に市街地の「平和の鐘」が鳴り黙祷を捧げる、はずなんだが私はたぶんいつも農園にいる時間なのであろう、ここ10数年正午の黙祷の合図にも気付いたことがない。まあ農園が市街地から遠く離れているので聞こえるはずもないのではあるが。しかし今年は(自分には)意外な場所で黙祷を捧げることになる。

この日はまた、旧暦5月4日、ユッカヌヒーであり、ウミンチュ(漁師)が豊漁に感謝、祈願する日でもある。八重山の各地漁港では祈願の意味を込めて爬龍船競争(ハーリー)も開催される。

ウミンチュによる競争がメインであるのは当然だが今やハーリー人気はものすごい様子で、市民によるレースは年々参加チームがふくれあがっている。カミさんは毎年のように「マドンナハーリー」部門に出場しているので、これまた毎年同じようなパターンで自分はレース開始直前にハーリー会場に応援に行った。去年と同様、マドンナ部門の前にはウミンチュによる「転覆ハーリー」がまさにはじまろうとしており漁港内はすごい盛り上がり。

ハーリー2012会場

去年に引き続き今年もまた転覆ハーリー、中一組のスタート直前。静かにスタート地点に船をこいで移動するがただならぬ緊張感も感じられる。

2012ハーリーレース直前

一周回を終えて第二周回に向かう。このあと2回転覆させなくてはならない。

1周回ターン中後半へ

転覆から態勢を取り戻して再び漕ぎ始める。

2012ハーリー転覆後

叫ぶ舵取り

叫ぶ舵取り


ウミンチュによるハーリーは圧倒的迫力がある。やはりユッカヌヒーはウミンチュが最も輝く日なのである。


転覆ハーリーが終わると次はマドンナハーリーなのだが、折しも正午間近である。会場には黙祷への協力依頼のアナウンスが流れ、気が付くと大音量で繰り返し流れていたBEGINの「爬龍船」がフェイドアウトして会場のざわめきだけになる。できる方は全員その場で起立。正午になり漁港内は船の汽笛のもと一斉に一分間の黙祷。

沖縄地方はこの日梅雨明けした。湿度が高く快晴というわけではなかったが、黙祷しているとそれまで気付かなかった熱射が後頭部や首を射すようである。ついさっきまでウミンチュたちの輝くほどのまぶしい生命感あふれるレースを展開していた漁港が打って変わったように深い静けさを感じさせる。

黙祷の時間は過ぎて徐々に会場内は賑やかさを取り戻す。続くカミさんの出場するマドンナハーリーは女性チームによるレースなので華やかささえある。各レースごとにトップで戻ってくるチームは爆発するような笑顔を見せる。

ちゃりこ2012スタート前


ちゃりこ2012ゴール

大げさなことを言うようだが、去年亡くなった僕の長年の友人がかつて手紙をくれた。自分のサラリーマン時代のことで、毎日の仕事に追われてガサガサになっていた頃である。それをたしなめるように届いたハガキがあった。
生きているこの「生」を輝かせているのはほかならない「死」である。つねに死がよりそっているからこそ生は輝くのである。君はそのことを熟知していると確信しています。

命の輝く素晴らしいハーリーは、偶々同じ日になった慰霊の日にこの上ない供養でもあった。
    07:37 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

バンナのはしをはしってはしやすめ

またワケのわからんタイトルを!といわれそうなので漢字で書いときますが「バンナの橋を走って箸休め」です。
バンナ公園の北口には、ずっと以前から事務所建物がありましたが、公園事務所が南口のほうに移ったこともあり、現在は「世界の昆虫館」というのができています。実はこの昆虫館は内容がハンパなく、大変素晴らしいものなのでそのうちご紹介します。
今日はその昆虫館に隣接するスペース(写真の左側、この建物の南側半分)です。

はっしーくらぶ外観

こちらはお食事処になっておりまして、その名も「はっしー喰楽舞(くらぶ)」、お店を切り盛りするのが「はしださん」だからです。入り口に大きな手作り感もりもりの看板がございますが、若干お店の名前が読み難いところなど目の検査みたいな感じ?

はっしーくらぶ看板


ランチタイムにおじゃましましたが、ランチは何種類かありましたので私は「石垣牛ハンバーグランチ(だったかな)」です。

はっしーくらぶのハンバーグランチ

石垣牛使ったハンバーグで、これが600円ですから大変上等だと思います。付け合わせのサラダも、何種類もの野菜が使われている。ごはんの右端ははしださんお手製のアーサ佃煮だそうです。スープはミニ八重山そば風ですが、このだしもきちんととられたものと思われ美味しい。

カミさんは、「海の幸山の幸なんとか(忘れたゴメンナサイ)ランチ」です。家にもありそうなお重のようなランチボックスに入っていますが、メインは地元の魚とオクラのフライ、右上はパパイヤをつかった和えもの、使用されている材料の品数が多く、それぞれ丁寧に作ってあるという印象を受けます。こちらも600円(写真にはないが、ハンバーグと同じようにスープがついています)
プラス250円~350円で飲み物やデザートのついたセットにすることもできます。

海山の幸ランチ

バンナ公園をウォーキングする人たちにも好評のようです。場所柄お客様が大挙して訪れるところではありませんので比較的静かにのんびりとランチタイムを過ごすことができるのではないでしょうか。
店の南側には屋外のお席もあり、ワンコ同伴可能、だそうです。
    20:52 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

梅酒タイフーン

台風4号がフィリピン東方海上から沖縄を、そして本土をうかがっている心配な土曜日です。台風4号の名前は「グチョル」(ミクロネシア語だそうだが)。意味はうこん。台風うこん。う・こ・ん!だから読み間違えないように。

そんな中、台風のために荷物が途中で滞留してしまったらどうしようと気が気でなかった「青梅」が無事予定通りに昨夜届きました。毎年恒例の梅酒です。昨夜水洗い&軽くアク抜きの後ザルにあげて水けをとり、今朝早くからナリフシ(ヘタ)をとって梅酒瓶に。

毎年お願いしている和歌山県の梅農家の方によれば、今年は天候の影響で花は多かったものの結実する実が少なかったとのことですが、段ボール箱を開けるといつものようにフレッシュな香りが漂います。

今年の青梅2012

成分抽出のためには(梅1kgにつき)最低でも500gの氷砂糖、できれば700gくらいと聞いてはおりますが、私は毎年400g-500g程度です。

というわけで今年も仕込み完了。初飲みは半年後以降になることでしょう。画像の左端は昨年のものです。

梅酒2012仕込み完了

これまた毎年のことですが、酒は「泡盛」です。地元の代表的銘柄である八重泉(やえせん)と請福(せいふく)それぞれ30度。紙パック入りだと一升1000円少々です。

梅酒2012の泡盛

今回、梅は5kgでしたので昨日この紙パック泡盛5本購入しましたが、普通のスーパーで泡盛だけ5升も買うとレジで何となく気恥ずかしさ?があります。レジのおねいさんは何とも思ってないでしょうが、それでも勝手に心の中ではブツブツつぶやきます。「はっしゃこのおじいビーチャーだーるなって思ってるでしょ」「すみませんねビーチャーで」「これは果実酒用なんです」「氷砂糖も一緒に買えばよかった」・・・
    08:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。