Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

逆のはしっこ

前回の新空港記事末尾に載せた航空機誘導灯のはしっこは、私の農園ハウスのすぐ近くである(ことは何度もご紹介した)。今日はまた空港近辺を走ってきたので、その逆側を撮ってきました。すなわち誘導灯の終点でありこのフェンスの先からは滑走路になります。(ここは登れないので滑走路の写真撮れません)

はしっこ空港側

いつも思うことだがこの誘導灯の上を歩きたくて(走ってもいいです)たまらない。工事や設備関係者が歩いているのをみるたびウラヤマシくてたまらん!

それはともかく、一週間が過ぎてターミナルビルの工事進捗状況はいかが?

空港現場dec_24

というわけで私は県道をもう少し北上します。すると空港の北側先にある「カラ岳」が道の先に見えてきます。ここは画像の左側(対向車線側)の歩道を見ておわかりのように、歩道が高い位置にあり、ちょっとした陸橋のようになっています。

カラ岳を望む県道の歩道

歩道の端っこに、いわゆるど根性の雑草が生えていますが・・・

アザミの新芽

まるでオニヒトデを思わせるような強固なトゲを持つ葉っぱ。新芽でもメチャ固い。これは「アザミ」、このあたりには歩道脇はもちろん左右の法面にもたくさん。早春になると大きなピンクの花をつけます。

ユリの新芽

上の写真は「テッポウユリ」。カラ岳周辺は季節になると野生のテッポウユリが咲き乱れますが、付近の農道あたり、あちこちに生えてきます。

葉っぱばかりで地味な画像ですが、最後に同じ場所で咲いている花を。ご存じ「スミレ」です。

歩道橋のすみれ

今日の石垣島は最低気温14度と非常に冷え込みました。冬至を過ぎ、これからさらに気温は下がりますがそれでも既に野山の植物はきたるべき早春を思わせるのでした。
スポンサーサイト
    23:24 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

正月返上だな


昨日は良い天気で、夕方農園ハウスから空港方面を走ってきました。
私のハウスからまっすぐ空港方面に走るとわずか2キロでちょうど管制塔のほぼ正面を(フェンス越しに)見るあたりに着きます。

空港dec16_1

建物群の右端あたり、ややグレーっぽい色の建物に小さな文字があるようで、ようやく「新石垣空港」などと書かれたのかと思いましたが

空港dec16_2

海保ぢゃねーか

空港dec16_3

管制塔あたりはすっかり完成している模様。試験飛行も既に行われているから当然でしょう。

空港dec16_4

ところがその北側にある、たぶんいわゆる「ターミナルビル」らしき建物は、まだまだ大工事中といったところで、間に合うんでしょうか。この分では年末年始もお休み返上って気がしますけど、頑張ってください。

ちなみに、先日入ってきた大ニュース?テナントにスターバックスが入ることが決定したそうです。これで「空港まで(ハウスから)走って行ってコーヒー飲む」という楽しみができました。それから永年石垣空港を利用されてきた方にはより重要かもしれないんですが、現空港のJTA側にある老舗レストラン「ゆうな」も入居決定です。これでハウスから走って行ってオリオン生ジョッキごっくん」という楽しみもできました。絶対ヤルぞ!

・・・

しばらく北上して走り、カラ岳の先まで行って戻りました。帰り道、ハウスの近くになると周りはキビ畑や水田などの農地です。よく晴れた空に現石垣空港を離陸した航空機の飛行機雲。

空港dec16_5

さらに農園に近づきましたので、お決まりの航空機進入誘導灯。結局いつまでもこの「端っこ」が気になります。

進入灯はしっこdec_16

本日12月17日現在、「新石垣空港開港まであと80日」です。
    20:15 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top

赤銅くん

沖縄ならでは、ということでもなく本土でもお馴染みの花「カンナ」。ただ違うのは沖縄では盛夏だけでなく真冬の時期でも咲いている、というところか。

ウチの農園ハウス横にあるカンナ。これは「種から育てるカンナ」としてタキイ種苗が発売している「カンナ・トロピカルシリーズ」のひとつ。私のBLOGにも既出だがこの種類は初めてご紹介します。「ブロンズスカーレット」という名が付けられていますが、赤胴色の葉(その他の同シリーズはすべて一般的な緑色の葉)が最大の特徴です。

ブロンズスカーレット1

赤銅色の葉はなかなか美しく、葉だけの時期でも楽しめると思います。
花はカンナの代表的な花色である真紅で、銅葉とお互いを引きたてる感じです。

ブロンズスカーレット2

実はこのカンナは種を蒔いたのは昨年のことで、半年以上前から開花を繰り返して株も大きくなっています。真夏の暑さにも平気ですが、いかんせん真夏は花の寿命が非常に短い。しかもカンナの場合は枯れた花弁がそのまま残るので結構キタナイ感じになりがちです(勿論花ガラを丹念に取ればいいんですけど)。しかし冬場は花も長持ちして、心なしか花色も鮮やかになる気がします。

植えっぱなしでどんどん大株になりますし、過湿にも乾燥にも強く育てやすい点もおすすめです。

(ご参考までに、1枚目の写真で葉っぱに虫食いの穴があいていますが、これは「バッタ」のしわざです。幼苗期にはヨトウの食害もありましたが、大きくなってからはバッタが大敵のようです、当農園の場合)
    23:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

第28回NAHAマラソン

12/2 第28回NAHAマラソン 完走証とメダルです。

28thMarathon_1

せっかくいただいた完走証がシワシワなことからも想像いただきたいですが、今回は雨中のレースとなりました。第8回から(第26回は怪我のため出場せず)20回参加していますが、こんなひどい天気は初めてです。前日出発するときから(つまり石垣島も)雨で、那覇空港も雨、明けて日曜日の朝も雨。カミさんは結局走りませんでした。

スタート30分前には奥武山グラウンドに整列しますが、雨の中のスタート待ち時間で下肢がどんどん冷えていくようです。ただ気温はあまり低くなかったのは幸いでした。周囲のランナーは殆ど薄いカッパやビニール袋をかぶって待ちます。私もビニール袋(ごみ袋)かぶりましたが、足元や腕はどうしようもありません。

今年は申し込み時に控えめなタイム申請をしたためか、かなり後方からのスタートで、前半は周りのペース(キロ6分くらい)でいくしかありません。結局中間地点で2時間というかつてない遅さ、体も思ったように動かずにこれはまた4時間の攻防か・・・ともかくこれ以上ペースが落ちないようにと願って後半に入りました。

32kmまで同じようなペースで走り、あと10kmとなったところでちょっとひと安心、沿道の麦茶などすすってちょっとペースを上げました。何とか4時間以内で帰りたかったからです。それまでのスローペースが功を奏したのか、38kmまでキロ5分どころかさらに速まる俺の脚、どうしちゃったの笑 周囲は一番苦しくなる時期を迎えるランナーがたくさん歩きはじめる中をサッサと軽やかに通過、どんだけのランナーをブチ抜いたことでしょう。

・・・

だのに~な~ぜ~(涙)

39km!あと3kmだ!というところで、なんということでしょう!全身が硬直したようになり動けなくなったではありませんか!

あとは歩いたも同然、3kmがどんなに長いことか。競技場に入る直前で4時間になってしまいました。

ゴールのあるグラウンドに入ると最後の難関が待ちうけていました。それは大雨で田んぼのようになったグラウンドです。もちろんその時点で全身くまなくズブ濡れですがここで泥まみれになるというオマケつき。
おつかれさまでございました。



さて、昨日の沖縄タイムス朝刊にはいい写真が何枚も掲載されていましたので一部ご紹介します。

28thMarathon_2

これは今やNAHAマラソン応援の最高人気ポイントでしょう。ランナーが手を挙げているのはカメラがあるからではなくて「YMCA」しているのです。豊見城の嘉数交差点付近。壇上で踊るおにいさんからマイクで力強い応援もしてくれます。

「みなさーん、ここでうれしいお知らせがありまーす!ゴールまで、あと35キロでぇーーーっす!!」

あと35kmだったかどうか忘れましたが、これには脱力して思わずランナーも笑います。

28thMarathon_3

こちらはやっぱりいたか、この着ぐるみ。

オスプレイ反対を訴えて、ということらしいが、新聞記事いわく、「「固定翼モード」から手動で「ヘリモード」に切り替えられるなど、細部にこだわった自信作」とのこと。名護市の農業・山本さん。「オスプレイ頑張れ!」と応援されて複雑な心境だったそうな笑

最後に、大雨にもかかわらずいつもと変わらない盛大な沿道の応援、本当にありがとうございました。
    07:34 | Trackback : 0 | Comment : 6 | Top
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。