Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ルンバ的

(その後一応走ってるみたいですよ・・・)

今日は高所トレならぬ高温トレ(?)気温32度のなかまっ昼間から、これまた久しぶりに石垣空港の北西側(正面入り口側と逆)を走ってきました。

新空港だけに空港周囲は清掃、植栽の手入れなど今のところ申し分ないことでしょう、と思っていたけれど・・・

フェンス内側緑化状況

フェンスの向こうは空港敷地内ですが草ボーボー、メインの滑走路横の緑地帯も草刈りさえされていないように見える。それにしても雑草完全放置の様子に唖然とする。

だいたいこちら側のフェンス自体が(部分的には)こんなですよ!これって狙って緑化してないよね!?

フェンス西側緑化状況

そして私が走るのは空港すぐ横を通る国道の歩道なんだけど、歩道の雑草も繁り放題。
手前はノゲイトウの花ですが、多くは「センダングサ」で、満開&タネがいっぱい。センダングサのタネは容易に衣類や靴にくっつきます。
実はこの場所からさらに北上すると途中で歩道が雑草の藪漕ぎみたいになり通行不可!車道の端っこを走った・・・

空港北西部歩道緑化状況

走り終わって足元を見ると、シューズがセンダングサの種子でハリセンボンにようになっているのであった。

センダングサ拡散状況

一応センダングサをよけて走ってるつもりなんだが、雑草の勢いには勝てない。俺の足はお掃除マシンか、ってくらいくっつくのです。これ取り除くのがまたヤッカイでね~特に靴ヒモ部分・・・


新空港北西部エリアは予想外にも?「大自然のなかの空港」化しているようで何よりです。
スポンサーサイト
    23:47 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

春を知らずに迎える夏

1月末の石垣島マラソンでヒドい目に会ったこととは(たぶん)関係ないのですが、実はわたくし、あれ以来日課としていた早朝ラン(ジョグ)をやめていました。気がつくと4ヶ月もやめたまんまで、さすがにこのままやめてしまいそうな気がしてきたので、久しぶりにバンナ公園(一周、ただし寄り道付きなので10km)を走ってみたのでした。

これがラン再開の契機になるのか、このまま走らないヒトになるのか

は、そのうちわかるでしょう。今日のテーマはそれではなく、4ヶ月ぶりにバンナ公園を走っているとアカショウビンが目前をビュンと飛び去り林の奥に消えていく。一瞬目が合ったような気がして、「アンタ生きてたんか」といわれたような気分。

そういえばこれまで毎年、アカショウビンの(自分にとっての)初鳴きはバンナ公園朝ジョグ中のことでした。今年はクチナシやセンダンで山の麓が良い香りに包まれる季節も知らず、いつの間にかセンダンは葉っぱを大きな樹木全体に繁らせています。

季節はとっくに夏になっていたというわけだが、途中何か所か、以前と変わっていたところは他にもありました・・・

バンナ公園の北西側になるでしょうか、一周道路を下りたあたりに「野球場」があります。この一塁三塁側に「屋根」ができてました。撮影した時間のせいか「日陰」の恩恵は誰にってところですか。

バンナ球場一三塁側

こども用の大きな野外遊具などが設置された広場は昨年から工事中、たしかGW頃から一般に供用開始されたと思います。写真の右奥、まだ工事中の場所がありましたが、「トイレ」だそうです。

こども広場トイレ改装中

遊具スペースもリニューアルされましたが、段々畑みたいな駐車場が使いやすく整備されていました。

こども広場新設駐車場

こちらは何度かご紹介した、蓮と睡蓮の池。現在蓮も睡蓮も咲いています。

バンナ蓮池2013

以前から白花の蓮とピンクの睡蓮は気付いていましたが、今回は白い睡蓮も発見。

新顔の白い睡蓮

ぐるっと回って公園南側道路。このあたりは特に新設されたものはないようです。ごらんのように石垣では梅雨入りして以来(?)抜けるような青空で猛暑が続いています。

バンナ南側道路2013_Jun

南側道路にある小さな橋、「無限橋」を渡ります。ちょっとビックリなお知らせが。

無限橋とイノシシ

このあたりに昨年あたりからイノシシが出没することは、実は私は気付いていました。実際にバッタリ遭遇してはいませんが、豪快にガサガサと林をかきわけるような音と、イノシシ以外の何物でもない鳴き声(鼻息?)が聞こえてきたことが数回あります。やっぱりいたんだね!と何となく嬉しい私でした。でも早朝、あるいは薄暗くなってから走る時はちょっとビビリそうです。私がランを再開したアカツキには、このあたり坂道猛ダッシュの練習ポイントになることでしょう。


    07:19 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

巳年の甘唐辛子

このblogでも既に何度かご紹介済み、いわゆる「万願寺ししとう」タイプの甘とうがらし。これは良く知られた京野菜の「万願寺とうがらし」ではなく、タキイ種苗によるF1タイプの「甘とう美人」。毎年のように作っているが今年もそろそろシーズン終わりである。今年は例年になく良く出来て、10本余りしか植えていないのにかなり大量に収穫できた。
普通はこんな感じ。長さ17~18cmくらいになる。スンナリ伸びるものもあるが、多少デコボコした感じになるのはいかにも「ししとう」。

甘とう美人2013_1

気温が30度を超えるようになると受粉にもいささか支障が出るのか、曲がりが非常にはげしくなったり、小さいまま変色したりする。クルっと巻くようになってしまうのはよくあることだが、先日収穫したときには見事にトグロを巻いたものもあった。なんだか先っぽの細まり具合?が素敵。

甘とう美人2013_2

真上から見ても素敵。

甘とう美人2013_3

巳年だけに、といったところか。

・・・

(トグロをまいたヘビみたい、と言ってるだけですからね私は)
    10:20 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。