FC2ブログ

Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

産業まつりとヨーグルト

(昨日のつづき)
ソソクサと産業まつり会場を後にしたとかなんとかいいながら、しっかりお買いものしています。
 「ミルククラウン」のジャージー牛ヨーグルト。(オリオン缶は容器の大きさ比較のために置いただけで他意はございません・・・だって手元に空いたばかりの缶があったから・・・)←そんないいわけはどうでもよくて、可愛いかたちの容器と手作り感のあるラベル。

ミルククラウンヨーグルト1

島内には数軒、「ジャージー牛」を飼育し、乳製品を加工・販売する方がおられますが、こちらはそのおひとり、島の北部「伊原間(いばるま)」で牧場経営されている「ミルククラウン」の小山内さんという女性の方です。裏面ラベルをアップ撮影しましたので、ご覧ください。サイトもありますのでどーぞ。

ミルククラウンヨーグルト2

あの発酵仮面小泉センセイも喜びそうないかにもヨーグルト!ってな味わいで、私は結構気に入っています。普段はイバルマの道路沿いとか、たまに玉取崎展望台とかに販売車をだしておられるようですが、北部へドライブの際は是非どうぞ!

スポンサーサイト
    19:50 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

産業まつりと相撲

今日は「八重山の産業まつり」(土日の2日間、中央運動公園の室内練習場メイン会場)にちょっとだけ立ち寄りました。室内練習場内には食品加工はじめ各種の業者・店舗などがブースを出しています。私など当地在住が永い身には「今年もおんなじだ」などと思ってしまってあまり行く気もおこらない(ゴメンナサイ)のですが、今年は(カミサンの)弟夫婦の子供が所属する少年野球チームがお店を出していることもあり、「昼飯(ソバ)食いに」行ってきました。

まず野球チーム出店のソバを会場外の木陰で食し、一応ちょっとだけ会場を一回りしていくか(ゴメンナサイ)・・・と室内練習場に。
画像は周辺離島が出店しているコーナー。なんとなく写真を撮ってあとでよくよくみたら産業まつりならでは(?)の有名人勢揃い(??)
産業まつり愛理さん他

(画像中央やや右の女性はあのペンギン食堂の奥様辺銀愛理さん。その左、後ろすがたの男性2名はたぶんオリジナルジュエリーを制作販売するティラ・アースの平良さんと藍染めのバッグを肩にされた島藍農園の大濱さん、たぶん・・・)

会場はこういったブースが並んでいますが、一角にはステージがあって歌と踊りもかかせません。ド演歌熱唱中のおじさんは「のど自慢大会」の最中のようです。

のど自慢大会のおじさん

食品だけでなく工芸品もいろいろ。木工品や陶器、アンガマ面やシーシーまで!(マルタ工芸さんブース)

まるた工芸

もう畑にいかなきゃ!と早々に会場を出たら屋外でもイヴェントいろいろ。子供が相撲とっている。

こども相撲勝負開始

へー八重山郡角力協会ってのがあるんだ。おじさん(おにいさん)たちがあまりにもそれらしいですね

すもう事務局のおじさん

「沖縄角力」は柔道着(一応すもう着っていうのかな?)にハチマキというのが競技時の格好らしいです。「立会い」はなく、四つに組んでから勝負開始、背中(肩)がついたら負け。格好は柔道で競技スタイルはレスリングっぽくも見えます。この時間は子供たちによる取り組みで可愛らしいものがありましたが、きっと後半は最後の写真のニーニーたちによる闘牛のような取り組みが見られるのか、と思うと怖くなって帰りました(・・・時間がなかっただけ笑)。


    22:22 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

あしたもきっと

「明日も晴れる」を含む、で検索したらどれだけ沢山の歌謡曲・ポップスの歌詞をみつけられるだろう。やらないけど。

しかし、9月に入ってから一日の例外無く、夕方にはいささかの恨めしさを込めて、確信を込めて歌うことができる。「明日もきっと晴れるよね~!」・・・もうお墓の前で朗々と歌いたい!フルオーケストラ(セミでもいいけど)バックに!!(ヤケクソ)

18_Sep2014

これのどこが秋の空だとゆうのか・・・

さて前回の記事から、相変わらず通り雨に打たれながらも毎日最高気温33度の日が続いています。当地在住16年(くらいだっけ?)にしてこんな9月は経験したことがありません。いくらなんでももう10月も近いので、さすがに徐々にではあれ気温が下がってくるものだと願っていますが、結局今回のこの酷暑続きは台風によって終結するのではないか、ということになってきました。台風16号がフィリピン北東部近くまで北西に進み、突然!90度向きを変えてこっちに向かう、という思わず目を疑う進路予想が夏の疲れをブリ返します。なにはともあれちょっとだけこの安定した天気を撹乱してほしい、と願っています。発達して直撃とかはやめてください。


    12:53 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

通り雨男

もう暑いんです。9月に入ってから連日33度越え、というか34度に達する日も多くて、空気が澄んでいるもんだから日射し強烈。さすがに明け方は(放射冷却もあってか)25度くらいまで下がるようになったが、8時には30度。夕方6時までは30度以上。秋の気配はトンボやツバメの群れが急に増えたことくらい。

しかし、強い日差し故か毎日通り雨もある。それもごく一部にスポット的に降るのだがこれがまた短時間ながら大粒で強烈。そしてなぜか毎日私はこの極狭スポットに遭遇してしまうのだ。先週末は3日連続で帰路ずぶ濡れになった(そして家に着いた時には周囲は快晴である)。

おかげさまで(?)しょっちゅう青空に虹がかかるのを見ることができる。
雨が狭い範囲なので、部分的に小さく虹色の光が見えることが殆どであるが、たまーにこんな大きいのも。(これは3日くらい前の朝のこと)

にじ140908

仕事場近くのフクギ並木。9月とは思えぬ真夏の空。この白い雲にも小さく虹がかかっているのがおわかりでしょうか。

にじ140908

今年は今のところ台風の接近が殆どなく自分の仕事上は有り難いことだが、台風による多少の撹乱が無いと、大地は乾き、海水温は上昇する。この安定した暑さもいつまでも続くワケはないのだが、とりあえず明日も明後日も「晴れ」(最高気温34度」の予報である。
    22:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ゴーヤとオレンジ

旧盆(今年は8/8-10でした)のときは、お仏壇のある親戚宅(カミさんの母親方の兄弟宅、とかね)にお線香あげに行きますが、そのうちのとある親戚に行った時、暑い昼下がりに麦茶とともに出されたのが「ゴーヤ」だった。

と書くとヘンなおうち!と笑われそうだが、もう少し正確に書くと「ゴーヤのスライスを浅漬けにして缶詰のミカンを添えた」涼しげなお茶受けだったのだ。ゴーヤの薄切りをそのまま、あるいは軽く浅漬けにしてカツオブシをかけていただく、というのは自分でもよくやる大好きなゴーヤの食べ方であるが、缶詰のミカンとあえた(?)ものは初めてで、しかも非常にサワヤカですごく気に入った。

私が昨日持ち帰った菜園のゴーヤを、「あんなふうにしてちょうだい」とカミさんに恐る恐る(←ウソ)頼んだら、晩飯にすぐに出てきた。

ゴーヤ浅漬けオレンジ添え1

上の画像は撮影のために小さなガラスのお猪口に盛りましたが、実際はタッパーにいれてここからボリボリいただきました。レシピというほどのことはありませんが、一応一夜漬けの素、みたいなやつにゴーヤのスライスをいれてちょっとだけ置き、今回は缶詰ではなく生のオレンジを切って添えました。

ゴーヤ浅漬けオレンジ添え2

ゴーヤの苦味とオレンジの甘みがともに引き立ちますが、それをうまくバランスさせているのは「酢」の味といえるでしょう。

最初に記しましたとおり、親戚宅では「缶詰」のみかんでした。私の子供時代はいざ知らず、現在は缶ミカンを「おいしぃー!」と言って食べるヒトはあまりいないんではないかと思いますが、缶ミカンがこんなにおいしく感じられたのははじめてだった気がします。あのシロップの強い甘みが功を奏していたかもしれません。
    23:27 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

黄色のゼフィランサスの種

昨日の続き。開花中のと別の場所にちゃんと実がついてました・・・

zephseed_1

こんな感じで、3つの球状の部分がくっついたような、可愛い形をしています。
真横からみるとワンちゃんの後ろ姿を連想するので(といえばおわかりですよね???)私はこれこそオオイヌノフグリ(別の植物名)じゃね、などと思うんですが・・・ともかくそれがバンバンにはれあがってきて・・・

zephseed_2

茶色くなってくると、真っ黒い種子が顔をのぞかせます。この状態ですと、ちょっと触れるだけで・・・

zephseed_3

半月状で薄い種。かなりの数が入っていることがわかります。

zephseed_4

採れたタネ(10本分くらいかな)。比較的容易に発芽し、(当地では)2年目くらいから開花しますが、実生により野生化、ということでしょうか、もともとの球根株の花よりは少し小さくなるものの花色は濃い黄色です。今頃が開花時期なので、郊外の民家の庭先などでタネで増えたと思われる黄色い花が簡単にみつかります。
    23:55 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

黄色のゼフィランサス

ゼフィランサス。(ハブランサス含め)何種類かが当blogにも既に登場しているが、黄色のヤツが満開。

zeph_3sep_4

ユリなどと同様に、このゼフィランサス類は「翌日咲く予定」の蕾がなんともいえず美しい。トーチのようでもあるが、端正な姿。この黄色種の場合、黄緑色から薄黄色へのグラデーションがいい感じ。

zeph_3sep_2

ゼフィランサスの他の種類(一般的に見られる白い「タマスダレ」など)は、必ずしも稔性が良くはないようで、あまり種子ができているのを見かけないが、この黄色花はなぜか良く実ができる。この実はなかなかにユーモラスな形なので、近日結実すればご紹介します。

そういうつもりで眺めれば、思わず納得するこの花粉の量!花の内側はほとんど花粉まみれです。

zeph_3sep_1

隣にある白花。どアップで撮影すればアリが寄ってきている。蜜も結構あるのでしょうか。

zeph_3sep_3

    22:22 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

メニュー選択の傾向

住まいから至近距離に安くて美味しいお店があれば、こと飲食に関して出無精な私もたまには出かけることもある。

ウチからゆっくり歩いて5分の居酒屋「ランタナ」。沖縄家庭料理はもちろん、いわゆる居酒屋メニューは枝豆からデザートっぽいものまで何でもアリ的な非常に幅広いメニューなので、やろうと思えば「今夜は沖縄風」でも「中華風」でも「多国籍風(?)」でもイケる。「フレンチ」とか無理だと思うが・・・

なのに気がつけば「前回と同じ」ものをたのんでしまうのは何故。
しかも家でも食べられるような「沖縄家庭料理メニュー」。

ソーメンチャンプルーでしょ(お皿の左に乗ってるのは魚テンプラではなくチーズ揚げ)

ランタナのソーミン

ヒラヤチーでしょ(ピザじゃありません)

ランタナのヒラヤチ

ちょっと変わったのはこれくらいか。揚げポテトサラダ。

ランタナの揚げポテトサラダ

わざわざ外で食ってんだからもうちょっと考えてほしい・・・といつも翌日になって思う。次回はこの気持ちを忘れないようにしたいと思いますが、ジョッキ一杯飲んだら忘れてしまうんでしょ!

    22:55 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

夏休みの宿題

お元気ですか。夏休みの宿題に追われて2ヶ月もお休みしてしまいました。ダメな私です。で、夏休みの宿題はできたかって?

はう・・・

えーとですね、ずん子(妻)はこんなの作ってましたよ。

ずんこシーサー2

これがデカイんだよまた。瓦に乗っかってる状態で全容は下の画像のとおりですが、置き場所に困ったあげく、結局私の電気ピアノの椅子(!)がちょうど良いということで採用されました。

ずんこシーサー1

(ピアノの椅子はベンチプレス台のような長椅子を使用しておりますので、椅子なしでピアノを弾いてはおりません)

漆喰シーサーです。

実は妻(ずん子)は甥っ子の夏休みの宿題作成の手伝いに付き合っただけなんですが、案の定付き添いの本人が本気だしてしまった模様です。(小学生の甥っ子も一応同じサイズの大きいシーサーを作ったのですが、デカすぎて学校に持って行くのをアキラメたそうです。ちなみに私、その成果物をまだ見せてもらえません)
    19:52 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。