Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

遠ざかる兄弟船

来る12月5日、石垣市民会館にあの鳥羽一郎さんがやってくる。

鳥羽一郎コンサート案内


新聞の小さな広告を撮影したのでせっかくのポスターも残念な画像になってしまったが、「チケット取り扱い店」部分を見ておもわずのけぞる。筆頭が「八重山漁業協同組合」ですよ!さすがウミンチュのアイドル鳥羽一郎!(その少し後にウチのカミさんが勤める弁当屋「おべんと倶楽部」が名を連ねているのも笑える。まあちゃんとした理由があるんですけどここでは記しません)

私がケッコンした年、だからもう10年以上前のことだが、カミさんと小浜島の「はいむるぶし」に行ったことがある。宿泊とセットになったディナーをサッサと食ってしまった後、小浜の(ウミンチュ部落の細崎)知人をホテルに招待?してカラオケ大会となった。

するとウミンチュのヒコちゃんとセイちゃんの2人が競って鳥羽一郎を次々いれるものだから面食らった。え?また鳥羽?これはさっきセイちゃんがうたったぢゃない?こんどはヒコちゃん!?

てな具合で、1曲おきに各ウミンチュの奥様の女っぽい演歌とかも入るんだけど、とにかく男は鳥羽!!

なかでもヒコちゃんの「兄弟船」は鬼気迫るものがあった。
ヒコちゃんは兄貴(も漁師)を海で亡くしていることは聞いていた(私は会ったことがない)。しかしときおり昔からのお客さんを交えての飲みの席でお兄さんの話題になると、全然乗ってこないし黙って席をはずすこともあって、胸中複雑な思いを持つと察したがモチロンこのあたりは深入りしない。
それが、いくらカラオケに過ぎないとはいえ、「俺と兄貴のヨ~夢の揺り籠さ~」絶唱ですからね。

しばらく前に鳥羽一郎コンサートの企画を聞いたとき、細崎のひとたちもきっと来たいだろうな、体調があまりよろしくないけどヒコちゃん聞きにこれるかな~?と思っていた。コンサート後、島へ帰るためにフェリーの臨時便出してくれるようお願いできないかねー、などと全く余計なお世話みたいなことも考えたくらい。

そうするうち、思いもよらぬ突然の訃報が携帯に届いた。昨日は告別式。祭壇のヒコちゃんの写真は、私の知らない若いころのものだろうか、まるで海で潮風に吹かれているような眩しい写真だった。

その後小雨と強風の中バイクで農園に向かう。ところどころ強く降っているのか、雨が簾のようになっているのが見える。突然ヒコちゃんの絶唱を思い出す。

気持ちが急に雨の時化た海のようになる。
荒れた波間を、ヒコちゃんがひとり乗った小さな船が、彼方へ遠ざかる。そのはるか向こうにはお兄さんの船も沖に向かって小さな点のように見え隠れする。

兄弟船は 真冬の海へ
雪の簾を くぐって進む


スポンサーサイト
    14:11 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top

貯水率43.1%

今年は台風の直撃、あるいはかなりの接近ということがなく、有り難いことではあったがおかげさまで水不足はかなり深刻になってきており、竹富町の一部では夜間断水も開始されている。あの水不足からはほど遠いと思われている西表島ではなんと「マリウドの滝」の滝つぼ(要するに浦内川)からの取水を開始すべく取水パイプ敷設が行われるという。

石垣市(水道水)のいわゆる「水がめ」である真栄里ダムは本日午後現在43.1%、ということで仕事帰りにちょっと様子を見に行きました。

真栄里ダム。一見普通に水を湛えているように見えるが、手前の白っぽい敷石部分は普段は水面下。ダム湖周囲の樹木帯も数メートルにわたり土の部分が見えている。

ダム141107_7

正面はおもと山。干上がった具合がかなりわかりやすい。

ダム141107_6

隣接する「底原ダム」の方はまだ大したことなかろうと勝手に推測し、サッカーパークあかんまの側から降りてみると・・・!画像中央に小さく見えている取水孔あたりまで水があったはずだがこの流れ込みは完全に水が無いので慌てる。

ダム141107_5

ボートをおろすスロープもはるか先まで伸びて、沈んでいたであろう倒木があらわになっている。

ダム141107_3

スロープの水際まで行くと、これまで見たこともない光景に。

ダム141107_4

すこし北側に移動。画像左側ののり面状のところは、黒っぽい部分(と白い部分の境界)まで水があった。5m以上水位が下がっているということか。
以前、T氏にコメントいただいたことがあるが、このダムは比較的浅いダムである。こちらの貯水率は現在手元に無いが真栄里ダムより深刻に見える。

ダム141107_2

ダム全体を北側から見渡せる場所に移動すると、驚きと心配はさらにつのる。これまた「見たこともない」、確かに浅いであろう湖底の砂洲、というか赤土の島が出現しているのであった。

ダム141107_1

当面多くの降雨は期待できない時期でもあり、石垣島も間もなく夜間断水必定か。

    22:22 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

芙蓉の谷

2月以来の懐かしいバンナ公園ジョグ。あーきついわ

南口のバンナスカイライン口と一周道路が交差する橋から小さな谷をのぞくと、谷底の沿って芙蓉の花が満開している。このあたりはあちこちに芙蓉が点在。

橋から芙蓉の谷

橋のふもとにも大きな芙蓉の木があるので、花は手元に眺めることも可能。接写も可能でござる。

芙蓉のどあっぷ

ふようのよう、とか、すいふよう とかわけのわからないことをつぶやきながら東側(一周する道路)を行くと、ここ半年以内に設置されたのであろう新しいベンチが数か所にあらわれた。遠目に見ると、これから設置するために脚部を上にむけてとりあえず置いてあるのかと思ったが違った。脚ではなく「手すり」らしい・・・

新しいベンチ1

3人用ってことか・・・それにしても雑草刈払が追いつかないのかセンダングサがバッチリ実をつけて待っているので座ろうという気にはなれない。それに手すり(?)の間隔が微妙すぎる。ボクはたぶんOKだとしてもちょっと腰回りの豊かなご婦人や牛のように逞しいおじさんは真ん中には座れません。かといって平行棒みたいに両手でつかんで腰を浮かせる運動用だとすると(!)幅が広すぎて肩を傷める可能性あり。

新しいベンチ2

そんなことをいろいろ考えていたらモヤモヤしてきたので、引き返してバンナスカイラインを登り北口に戻る。北側の展望台あたりは雨雲の下で暗い。崎枝方面はいい天気、名蔵地区のところどころはスポット的に晴れていて鮮やかな風景。鮮やかではあるが、展望台を吹き抜ける風も周囲の草木もすっかり秋になった。

その日のなぐらわん


    22:47 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。