Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

貧脚の力

おそらく根拠もなく、誰かに論理的に突っ込まれればあっさり撤回せざるを得ないような事ではあるが、自分としては「言いたくない」「好きではない」言い回しというものがある。

文脈、とか。○○の文脈で言うと~

~力 とか。(ka ではなく ちから・りょく です)

以前一時期流行った、○○の品格、という一連の本のタイトルにより、(自分の中で)「品格」という単語のそれこそ格が下がった。その頃は自転車乗りでもある知人のツイッターなどで見かける「貧脚」という言い方が可笑しくて、読むたびに「国家の貧脚」などともじって面白がってはいたが。(ということで本日の記事タイトルに用いたがたぶん本文と関係ない)

「力」シリーズ(?)は私の知る限り昨年までは健在で何冊も本が出されていた(ようだ)。いかに著名な方の本であろうと、タイトルを一瞥するだけであったが、昨年6月に集英社新書から出た篠田桃紅さんの本のタイトルがまさかの「百歳の力」!そしてその帯には篠田さんのお写真に並んでキャッチコピーがあまり上品とはいえない字体でデカデカと「成熟なんて退屈よ!」

一体何事かと思ったが、心から敬愛してやまない篠田さんの本だからすぐに買った。

「聞き手」(インタビュアー)の質問があるわけではないが、若い頃から最近の心境まで、既にご自身のエッセイ等で既知の内容も多く含まれるがともかく最近の心境を込めて、問いかけに応えるようなかたちで、すなわち話し言葉を記述した風に書かれている。

一読、再読していつもの篠田さんの文章を読むときと同じく、ちょっと笑ったり考え込んだりうなずいたりしながら読んだ。

しかしここからどうして「百歳の力」などというタイトルをつけることができるのだろう。

90歳、100歳を迎え、過ぎつつあるご自身の年齢には時折触れられるが、結局は年齢というものをあまり考えたことがないし関係がない、とご本人がいっておられるではないか。表紙(カバー)裏の紹介文にも「人生というものをトシで決めたことはない」との言葉が引用されているではないか。

小さな事ではあるが、この本のなかで篠田さんの言葉として「真逆」というのが出てくる。これも有り得ないのではないか?「真逆」はおそらく最近から聞くようになった言い方で、篠田さんが「正反対」と言われたことを聞き手がこう書いてしまったものだと推測している。

この本の最後あたりに、構成 として女性の名前が記されている。この方がかつてのエッセイやインタビューからこの本を構成、編集したということだろう。確かに篠田さんのこれまでの経歴を俯瞰しながら上手く構成されているとは思うが、まさかこのタイトルがその編集者からのものであれば理解できない。本屋さん(集英社新書)が流行りを取り入れたつもりで付けたタイトルだろうがそうであれば編集者は反対したはずだと思う。(たぶん篠田さんご自身は、タイトルや帯についてまで注文を出したりされなかったのであろう)

思えば、前回の単行本「桃紅百年」(2013年3月)が出た時に、表紙があまりにポップ(?)で驚き、たぶん編集から装丁を含め編集者にお任せされているんだろうと思った。「書家」ですからそれで大いに結構で、ともかくも新しいエッセイを読めることの喜びには代えられない。
しかしこの本で全編に用いられたフォントは、私ならばこれを選ばないだろう。

桃紅百年のフォント

フォントとか装丁でミソをつけるつもりはないし、篠田さんのエッセイはそんなことでミソがつくようなものではないのは言うまでもない。
今日記した2冊の本は、これまでの篠田さんの本と同様、私にとってとても大切な本であると改めて言っておきます。「大切な本」はその本(本体)自体も大切だ、とか言っている私には当面電子書籍には縁が無いかもしれませんね・・・

篠田さんの近著2冊表紙

    23:26 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

恋人と来ないで

2012年4月の記事に書いたんだが、3年前まで乗っていたクルマがオシャカになったこともあり、ホンダのジャイロX(通称ジャイ子)という中古50ccバイクを日常の足としていた。その頃転居された方に譲り受けた軽自動車もあったので、バイクと車半々であったが、その軽自動車も昨年秋の車検時に廃車とした。つまりジャイ子ひとすじ、となったわけだが(本当に車が必要な時はカミさんのを借ります)、まあ中古で買って3年近く、ということでエンジンの調子はあまり良くない。ゆるやかな上り坂ではスピード25km(!)しか出ないし、昔の2サイクルエンジンのため燃費がリッター25kmという、最近の軽自動車に負ける上にエンジンオイル消費もかなりのものである。何より四輪車には狭い農道においてさえ無理に抜かれる運命にあり、毎日農園まで2往復、すなわち一日最低60kmは走るその時間が相当苦痛なものになってきた。エンジン修理が必要と思われ、バイク屋に相談したら見積もり額がスゴイことになって・・・

新車買いましてん

クロスカブカタログイメージ

カタログではアウトドアライフイメージを漂わせていますが、私は専ら通勤(仕事)用ですので後部キャリアにはすでに黄色いカゴ装着しております。
要するにホンダの「カブ号」です。但し110cc、昔からあるスーパーカブの110cc版ではなくクロスカブという名前で販売されているものです。

またがると、シートがいかにもカブ号でもちろんタンクを挟む式(ニーグリップ)でないためとりあえず原付風な乗り方になりますが、ステップ(可倒式)がきちんとしていることと、一般的な中型バイクのような幅のあるハンドルバーで、かつて乗っていたオフロードバイク(ヤマハのDT125)のように自分としては非常にしっくりきます。

ジャイ子は3輪で、しかも幅広タイヤでしたが、予想に反して悪路や大雨の後土砂が流出した舗装道路などでは全体が浮いたようになり操縦安定性のカケラもなくなります。これには参りました。軽くブレーキでもかけようものなら前輪がどこを向くかわかりません。
その点、さすがにクロスカブ号は普通のロードタイヤよりは若干溝の大きなタイヤでもあり、その程度の悪路は意にも介さないといったところです。ちなみに燃費もジャイ子の倍以上、リッター60km近く走ります。

そんなわけで、とりあえず大変気に入ってますが、ジャイ子にも今やどうしても忘れられない美点がございます。それは「風防」。
風防はオプションであったはずですが、ともかく私の中古ジャイ子には風防が付いてて、それがまた強度的にはイマイチで強風に向かって走れば薄い下敷きのようにベコベコしなるし、横風を受ければ不安定感増幅装置でもあります。しかし車体前面が幅広ガードになっている形状と相まって風防の風除け・雨除け効果は絶大でカッパをつけたことはよほどの土砂降りになったときだけでした。

それがクロスカブ号ではもう寒風全身で受け止めて体の芯まで冷えるし、先日雨の中をカッパ着用して走った際には、「このカッパは機能していない!」と思うほどズブ濡れになりました。一般のカブ号には風防取り付け可能だと思いますが、クロスカブにはオプションリストにありませんし、少し暖かくなるのを待つってところですか。

ジャイ子さんは今回下取りに出したかたちですが、エンジン修理していただきピザなりヤクルトなりの配達にまた活躍してほしいものです。
近いうちにかつてジャイ子さんと行ったタケダ林道あたりを走ってみたいと思います。と書くと、なんだかこんな歌が思い浮かびます。

♪ここに~は来ないで あたらしい恋人と (松任谷由美)


    22:16 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

謹賀新年仁王立ち

あけましておめでとうございます。
恒例の2日初詣、しかも昨年からは遠いフサキ観音堂より近くの桃林寺、というわけで今朝行って参りました。

初詣2015桃林寺

昨年に引き続きおみくじで「大吉」をひきあてたずん子(ウチのカミさん)がしばし仁王立ちになって考え込んでいます。画像左右に2体のお地蔵さんが見えていますが、本日誕生日で無事?50歳になってしまったずん子もお地蔵さんになったかのようです。

昨年末から時折「今年は大吉だったんだけどなー」と言っておりましたが、本人としては「大吉」の一年ではなかったと思っていたのでしょう。そこで今年は、このおみくじを「お守り」として身につけていよう、と決めたそうです(例年は勿論そこらへんにくくりつけて帰りますが)。

さてどうなりますかね

今年もよろしくお願いいたします。
    19:23 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード