FC2ブログ

Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

親戚のおばさんの願いをかなえました

結婚してもう何年になるのか(すぐに出てこない)ともかく10年以上前のことですが、結婚したその年の年末、NAHAマラソンにカミさんも一緒に出たときの話です。
出場が決まり、那覇に住んでいる(カミさんの)オヤジの兄妹であるM姉に「一緒に出るからヨロシクね~」と電話したのち、しばらくカミさんとMおばさんは携帯メールでやりとり。中間地点でまずは応援するとか、その後石垣に戻るときはどうするか、とか・・・

そのうち、Mおばさんから「一緒に走るんでしょ」と聞かれたカミさん「ハ?まさかー!それぞれ勝手に走る。だいたい一緒に走ってくれるようなヒトじゃないし」などと一笑に付したらばMおばさん「私がたのんでもダメかね~」

どうもMおばさんは夫婦でマラソンに出る場合は一緒に走って一緒にゴールするのがフツーだと思っているらしい。

翌年からはMおばさんからそんな話は聞かなくなったし、頭の片隅にもなかった・・・

それがですね、結婚何周年なんだかわからないが(というかそんなこととは全く関係なく)2月11日(土)に開催された「やまねこマラソン」で

一緒にゴールしましたー♡

(なんか書いててはずかしい)

地元新聞をお持ちの方、昨日の順位表に並んででてますよー
昨夜、カミさんに「順位表で並んでるところM姉に写メして送ったれ」と提案しました。苦節ン年(???)こんな日が来るなんて想像もしませんでしたよ。Mおばさんはそれ見て泣いたどころか笑ったそうで何よりである。

さらに今回の八重山毎日新聞にはスタート直後のカミさんがばっちり写っててビックリ。「なーんで誰も手ー挙げてないのにカメラにアピールしてんだよ!」と言ったら、これは(カメラマンの後ろに)「知り合いが応援してて応えただけだ」とのこと。でも本人はさっそく切り抜いて台所に貼っつけた上なんかマスクが変だね、とか言ってる・・・

やまねこ2017スタート

ところで今回のわたくしは非常に体調も良く、2時間以内でゴールする(できる)つもりでした。10km地点で50分弱でしたので余裕だったはずが、折り返し直前のトンネルを抜けるあたりで突然太ももに電気が走るような衝撃を受け、転倒は免れましたが左足がケイレンして動けなくなりました。折り返しでリタイヤせざるを得ないと思いながらスプレーやマッサージをすること10分、速足で歩ける程度になったので帰路に戻ることにしました。

トンネルの出口でカミさんにすれ違ったので、歩いてでも帰るから速く抜いてちょうだい!と声をかけ、トーゼン15kmあたりで追いつかれるだろうと思っていたのですが、干立まで来てもまだ・・・なんて遅いんだ!と思うと同時にこれまた電撃のように思いついたのでした。
一緒にゴールする、という千載一遇のチャンス!

そう考えると、現時点で追いつかれると困る笑

必死で「あと1km」地点まで進み、そこで待ちました。
待つこと8分、ずーっとこんなにゆっくり走ってきたのか、といった感じでトコトコ・・・
「えー何してんの!?」

「待ってたんだよ」(ぷ)

めでたく並んでゴールしました。女性の中継アナウンスが「仲良くゴールでーす!」と叫ぶと俺の手を握って振り上げ笑顔を振りまき調子に乗るカミさんでしたが、自分はというと痛み最高潮でまさにムンクの叫びみたいな顔になっていたはずです。

まあ大変でしたよ。この大会で今季のマラソンシーズンは終わりました。(脚が痛いので)しばらくランニングお休みにしますわ




スポンサーサイト
    07:09 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ふゆーのたび

ふゆー とは

沖縄方言で「無精」とか「怠け」のこと。
ふゆーなー で「無精者」とか怠け者の意味。

ふゆーのたび・・・私は人生の無精な旅人なのかもしれない

なんてことを語りはじめるつもりは無くて、F.シューベルトの歌曲集「冬の旅」

もうずいぶん前のことになるが、ピアニスト内田光子さんがシューベルトを集中して録音したとき、最初に発売されたCDが即興曲集 (D899, 935) で、私は当時直ぐに買って聴いた。変奏曲形式の935-3(変ロ長調)の第二変奏7小節目の右手(下画像の左下小節)は全体が一オクターブ上で弾かれるようになっているが、内田さんはその小節の後半(同様音型の2つ目)を1オクターブ下で弾き、ちょっとダイナミックな跳躍というか、単一なメロディーの流れではなく重唱的?な感じがして大変新鮮で、私など「こう弾いたほうがいいじゃねえか」と思って以降自分で弾くときにはそうしている。

即興曲WUT

しかし自分が所有する数少ないCDでは他の方々は楽譜通りで、YouTubeで聴ける限りの他の演奏家も誰一人内田さんのように弾いている人はいない(ようだ)。するとこれは内田さんが「こっちの方がいいじゃないのッ!!」と勝手にやったことか。

と永年思ってきたことであったが、先日いきなり氷解した。
シューベルトの「冬の旅」自筆譜ファクシミリが閲覧できると知り訪問したサイトに、即興曲の自筆譜もあった!すぐにその部分を見たらなんということでしょう

即興曲自筆譜

なるほど「勝手に」なんて思ってごめんなさい。そういうことでしたか。

冒頭の印刷譜はウィーン原典版(校訂者はバドゥラ・スコダ)で、「自筆譜と初版にもとづく」とある。その「初版」までは参照することができずにいるし、初版の校正にシューベルト自身が関わったかどうかは(私は)知らないが、要するに初版由来の1オクターブ上、が延々生きてきたということだろう。
この楽譜には巻末に各楽曲に関して注解があり、スラーとかタイ、各種アーティキュレーションについて初版ではどうの、自筆譜ではどうのと書かれてはいるのだが、前述の点については一切記述なし。この校訂者はディアベリはじめ初版に関わったとされる「編者」の仕業について結構ボロカスに言っているが、だったら自筆譜をもうちょっと重視してほしいものだ。

さて、これから(以降の記事で)書こうとしているのは「冬の旅」をめぐって、になる予定?なんだが、冬の旅冒頭を比較してみましょう。

自筆譜(上記サイトから)

グテナハト自筆譜

ベーレンライター原典版

グテナハトBU

自筆譜冒頭の指示 in gehender Bewegung はどこいった
3,4小節目A音にかかるタイはどこいった
原典版2小節目最後から3小節目最初にかかるスラーはどこからきた

冒頭のこの部分だけで続々と謎が・・・
(シューベルトは冬の旅第一部に関しては生前に初版が出ており、その段階で校正、変更を加えた、らしいですが)

えーと私がこのあと書きたいのは「冬の旅」について、ですが、いきなり「原典版といえども楽譜は信用できない」みたいなことになってしまいましたのでまた出直します笑
    07:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。