Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

孔雀と猪

相変わらずボチボチとランニングは続けていますが、以前は朝にせよ夕方にせよ、走るのはバンナ公園周回道路が主でした。最近は平日早朝出かける前に市街地を一周、というパターンになっていて、週末土日のどちらかにバンナ公園か、ちょっと距離を伸ばしたいときは名蔵方面まで行ったりします。

名蔵方面に行くときは自宅(市街地の登野城地区)から新川経由で名蔵湾沿いに県道79号線を走りますが、途中石垣天文台のある前勢岳のふもとを通過します。それも新しくなった広い道じゃなくて山寄りの旧道、するとほぼ必ず遭遇する鳥はカラスとクジャク。以前から何度かクジャクの件は記事にしてますが、一時は駆除しようと各方面の活動があったものの最近はどうなっているのか、ともかくクジャクは増える一方だ(と感じられる)。
前勢岳、バンナ岳をジョギング、散歩してクジャクに会わないことはむしろ珍しいほどで、姿を見ないまでも鳴き声は必ず聞こえてきてガッカリします。

先日の日曜日だったか、バンナ公園の周回路を走っていたときのこと、大きな親クジャクの後から2羽の子クジャクがチョコチョコついて歩いているところに鉢合わせ。そのとき(僕には)白いウサギがドサクサにまぎれてくっついて歩いてる!と思いビックリしたのだが、ウサギなわけはなくアルビノの真っ白いクジャクでした。クジャク親子はとっさに山側の急斜面を駆け上り見えなくなってしまった。

ひどい画像ですが、大慌てでウエストバッグのコンデジを取り出しかろうじてアルビノの子だけ・・・

アルビノ孔雀1

アルビノ孔雀2

(頭部)扇状の冠羽も純白でまるでプリンセス様のよう。この子が大きくなったらそれはそれで話題になるでしょうね・・・

この日はさらに別のつがい(と思われる)に北口手前で遭遇し、さらに脱力しました。もうバンナ公園はクジャクの楽園!

・・・

さて、クジャクは有害鳥獣とされているはずですが、最近はその対策についてほとんど聞こえてこないのはどうしたことか。ちょっと市役所行って聞いてみないとですかね・・・

さて、バンナ公園周回路を走るだけでは気が晴れない(?)ときには、さらに山奥の遊歩道に入ったりします。バンナ岳の中の遊歩道は結構本格的に草深い部分も多く、走る練習にはなりませんが、まあ動植物を見ながらのクールダウンには(私には)もってこい。

バンナ岳の山道を歩くと、ところどころ大木の根本を掘り返したような跡があり、イノシシの生活圏でもあることを知りますが、実際にウリ坊の群れに遭遇したこともあります。
イノシシといえば猪肉・・・といいたいところですが、農作物への被害もあり有害鳥獣のナカマにされているようです。これはバンナの南東側にある山道(一般の人はさすがにここまで散歩に来ない笑)です。獣道に沿って黄色い札があり、樹木説明板かしら~?と近寄ってみたら「イノシシのワナあります」

フダに「有害鳥獣駆除・・・」の記述がありますので、そういうことなんでしょう。

いのししワナあります

イノシシは捕獲したあとの活用(?)もありそうですので地道に駆除活動が継続されているのかもしれませんが、クジャクは本当になんとかなりませんかね。やっぱ市役所行って聞いてみるべきですかね~・・・

    07:14 | Trackback : 0 | Comment : 6 | Top
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード