FC2ブログ

Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

路傍の藻類ジュズモ

今日も未明は雨だったが、夜明けから晴れ間が出て蒸し暑いくらいになった。しかし正午過ぎからまたいきなり大雨がすぎ、晴れたり降ったりの一日だった。
午後4時頃、晴れていたがにわかに風が強くなり、北の方から虹を伴って暗い雨雲がやってくる。

虹を連れて雨がくる

雨模様が続く日には、道端にキノコも生えるけれども、こんなものも突然出現する。これは私のハウス前の通路で、白い小石のように見えるのはサンゴダスト(バラス)を敷いてあるから。雑草のまわりの黒っぽいモノ・・・わかりにくいかな?

道端に生える藻

もう少し寄ってみると、海藻のアオサみたいなものがおわかりでしょうか。

道端の藻に接近

まるっきり肉厚のアオサみたいですね。

道端の藻どアップ

手にとってみると意外なほどしっかりしていることがわかります。これは「ジュズモ」とよばれる藻の仲間(ネンジュモ科)で、沖縄本島ではモーアーサ、八重山ではハノール、などともいわれます。
芝生や、丈の低い雑草などのある場所にひそむように生息しているようで、雨が降るとボワっと大きくなるらしい。学校のグラウンド外周とか、広場、遊び場の周辺などでよく見られます。翌日天気が良いと、干からびて黒っぽいゴミのようになります。

手に載せたジュズモ

これは食べられます。しかし最近では道端にせよ広場の周囲にせよ、除草剤が撒かれていたり犬猫さんたちの格好のマーキングポイントだったりするので、たぶん食したことのあるのは年配の方だけではないでしょうか。私も食べてみたいとは思いますが、ここのはイヤだな。ジョン様(川満家のわんこ)の通り道だし・・・

昔は子孫繁栄の縁起物の食材だったそうで、子供の誕生四日目に、このあえものと大麦のおにぎりを親戚に配るならわしが(一部地域では)あったそうです。普通の食卓で食べるとすれば、「ジュズモイリチー」として、三枚肉、カマボコ、ニンジンなどと炒めたところによく洗って水けをきったジュズモを入れ、おからも入れて炒めます。だし、調味料などで味付けをして出来上がり・・・だそうです。私は食べたことがありません。カミさんも「食べれるという話は聞いたことがある」が食べたことはないそうです。そういえば近所の還暦過ぎのオジサンが「あれはおいしいんだよ」と言ってましたが、なにはともあれ採集場所が最大のポイント、になりそうですね。
    21:56 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://papayaisg.blog23.fc2.com/tb.php/467-eec71746
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。