FC2ブログ

Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

沖縄在来のソラマメ

この写真は見ての通り「ソラマメ」、しかし莢の全長は10cm余りの可愛らしいもの。沖縄の一部では「トーマーミー」という呼び名で間作に利用されていたようで、沖縄本島の読谷村などでは味噌・チップスなどの加工品も知られる。

沖縄そらまめ1

本土で見られる(これに比べれば)巨大なソラマメに比べると、ほとんどエダマメに近いといってはあんまりか。しかし厚い莢を剥いた中に入っている実際のタネ部分は、まあ大粒エダマメのサイズである。でもご覧のようにカタチはソラマメ、ちゃんと「おはぐろ」もある。

沖縄ソラマメ2

上の写真は莢からとりだしたところ。これを2分ばかり塩ゆでして今夜のおつまみになった。

大きなソラマメは、「おはぐろ」部分に切れ目を入れてゆでると聞いたが、それは食べるときに薄皮をはぐ、という意味もあろう。ところがこの「トーマーミー」は小さいので切れ目をいれるまでもないし、また薄皮もそのまま食べる(自分は)。

ところでソラマメは一般的には花芽分化にある程度の低温が必要で、寒い冬の時期を経過してはじめて花、そして実をつける。最近はそれほど低温を必要としない品種もあるようだが、沖縄では本土のようなソラマメは難しい。その点この「トーマーミー」はこちらでも問題なく開花するし、小さいながらも結構鈴なりに実がつく。茹でてザルにあげると香りは(当然だけど)ソラマメ、私にはこれもまた春の訪れを感じる香りである。
    22:38 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://papayaisg.blog23.fc2.com/tb.php/637-7b022fe7
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。