FC2ブログ

Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

新聞の切り抜き

昨日(4月14日)の地元新聞(八重山毎日新聞)に掲載された、不定期ではあるが連載形式?の小コーナー「石垣市の保全種」。

保全種14_Apr

昨年5月1日に施行された石垣市自然環境保全条例により、動植物につき「保全種」が指定され、保全種に関しては石垣市内での捕獲・殺傷(植物では採取・損傷)が禁止された。素案の提示内容時点から自分はかなり批判的(?)な見方をしていたが、結果として専門家の意見を含めた議論の跡が感じられない、ときに意味不明ですらある残念な条例だと思っている。

それはさておき、おそらく条例案作成にあたり委員であったであろう方々による保全種の紹介連載が始まったとき、最初の数回は記事を切り抜き保存していた。しかしそれこそ数回でやめた。

記事の内容がほとんど役に立たないからである。レッドリストカテゴリにならって言えばまさに「DD(情報不足)」。

たまたま昨日の記事を引き合いに出して筆者の方には申し訳ないけれども、画像はテツオサギソウの開花時期のものである。テツオサギソウは冬(11月から1月頃)に開花するランであるが、植物の(例えば)開花画像であれば、場所は控えるにせよ撮影時期くらいは書いてくれないと困る。年中こんな姿しているわけないんだから。
引き合いに出した上さらに申し訳ないけれども、この筆者は毎回最後に「石垣市の貴重な保全種のひとつです」と結ぶことにしておられるようだが、そういう記事なんだから字数の無駄であり、このぶん有益な情報を書いてほしい。

できることならその時期に沿ったもの(これから見頃のホタル記事も冬の最中だったな)でお願いしたいが、画像含めそれはなかなか大変なことであろう、であれば画像が撮影された時期とか、その動植物の活動が活発になる時期とか、もう少し読む人を野山に誘うような工夫をしていただけないものだろうか。(野山に捜しに行って欲しくないんか笑)

さて、石垣市に遅れること1年近くになるが先日4月1日から竹富町でも「竹富町自然環境保護条例」が施行された。こちらも特別稀少動植物の素案が出された時点から注目していたが、その内容(稀少動植物の指定)に関する限り良く考えられ議論されたように私にはみえる、おそらく委員長(琉大理学部の横田昌嗣教授)が南西諸島の生物多様性に関する専門家だからだと思っているがどうでしょうかね。



    07:32 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://papayaisg.blog23.fc2.com/tb.php/764-6e28323b
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード