FC2ブログ

Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

水車小屋の娘に

前回記事で画像を紹介したゲルネのシューベルト歌曲集は、実はボックス化に先立って3大歌曲集以外のものは既に殆ど所有していた。ボックス化されると、未聴のものをバラで買うより安かったので重複するけどボックスで買いなおした。

ゲルネの歌唱で3大歌曲集(美しい水車小屋の娘・冬の旅・白鳥の歌)を聴くのが結果として最後になったのは、3大歌曲集は他の歌手で良く聴いていたのでそれら以外のシューベルト歌曲を知りたかったという理由である。
実は大学時代、「美しい水車小屋の娘」全曲を(学内でのサークル的演奏会で)某ドイツ文学専攻の先輩の(学内のシュミ的リサイタルで)伴奏をしたことがあるので、この曲集はほとんど歌詞をそらんじているほどだ。それもあって本当に長い間改めて聴こうと思ったことがない。それに(当時はそうは思わなかったが)旅する粉屋が水車屋の娘を好きになっちゃったけどあっという間に猟師に奪われちゃって粉屋の青年は小川に突っ込んじゃってしんじゃった・・・って何ですか???みたいな、要は歌詞の内容があまりにナイーブ過ぎて困るわという固定観念に囚われていたのである。

そんなわけでン十年ぶりにゲルネのCDで聴いたわけですが、これが自分でも驚くほど素直に全曲通して聴き、改めてこの曲集の良さを少し理解したような気がします。
最初に聴いた時、思わずこれは!?と身構えなおしたのは第5曲 ( Am Feierabend 仕事終いの夕べに)で、娘にいいとこ見せたいけど自分の腕はよわっちくて小僧並み。仕事を終えてみんなが座っていると親方は今日もよくがんばったといい、娘さんはおやすみなさい、といってくれる という自分に対するイライラや、仕事を終えた集まりでの様子が歌われる。
この曲をほとんどテンポを変えずに一気に歌ってしまうのだ。中盤で(仕事を終えて車座に皆がすわる・・・)または娘さんがおやすみなさいという、という部分では普通テンポがやや落とされるのだがむしろせかすように音楽が進行し、この時点ですでに曲集が粉屋の悲劇をはらんでいる。
後半の一瞬かわいらしいラウテの緑のリボンから「猟師」「嫉妬と自負」とほとんどアタッカで進行する部分も同様、この曲集が最後から2番目の「粉屋と小川」に向かってガケを落ちて行かんばかりの勢いだ。
私の印象では、ゲルネとエッシェンバッハによるこの曲集は、すべてが「粉屋と小川」の末尾(すなわち粉屋が死ぬ)に向かって進む、ということである。そして最後の「小川の子守歌」が延々10分ほどにわたりゆっくりと歌われるのはまさにそれまでのストーリーとは別の、というか違う場所で歌われているかのようだ。

最後に、伴奏のエッシェンバッハにつきこのCDでの(私が)最も印象付けられた部分について記し、エッシェンバッハへのオマージュを捧げたいと思いますが、最後から2番目の歌「粉屋と小川」の最後の2小節です(もちろんここはピアノ伴奏のみ)。

粉屋と小川の末尾

この曲の最終節では(粉屋の)「ああ、やさしい小川よ、歌ってくれ」という小川への呼びかけで終わる。つまり詩で直截に粉屋が小川に首突っ込んで死んだ、なんてことはもちろん書いてない。
歌唱が終わり、ピアノによる後奏がそれまでのような音型で静かに終末に向かうのであるが、最後の3音(32分音符の2音と最後の和音)がかすかなニュアンスの強調がなされる。武満さんの某ピアノ曲の指示にならって「静かに、残酷な響きで」といいたいほどで、ここで粉屋が息を引き取ったと感じさせるに充分である。

すると最終曲(小川の子守歌)がこの世を離れたかのような、別の場所からのように聴こえるのは至って自然ななりゆきであろう。

    07:31 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://papayaisg.blog23.fc2.com/tb.php/782-14a1dc06
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。