FC2ブログ

Atelier de オジィ

ひろオジィの作業小屋雑記帖 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

宿屋からの100%勇気

昨日の続きです。
ゲルネ&エッシェンバッハのシューベルトにつきもうひとつ書いておきたいですが、「冬の旅」

この曲集で最も美しく感動的な部分といえば、20曲(道標)から21曲(旅宿)であると言っても多くの方は頷かれると思うが、特に21曲の Das Wirthaus は歌詞の内容も、メロディーも伴奏も文句なく素晴らしい。

宿に泊まる(お墓に入る、すなわち死ぬこと)を拒まれた旅人は、杖とともに旅を続けるべく宿屋(墓場)から歩みだすわけだが、最後の節の楽譜はこうなっています。

旅宿末尾

(楽譜では第一段の最後部分から)
まあいい、それなら旅を続けよう 僕の頼もしい旅杖よ
が2回繰り返される。その1回目前半で一度 cresc. 記号、(一度 p に戻る)1回目の終わりにさらにクレッシェンド記号がありさらに2回目の冒頭にはもう一度 cresc. と旅を続ける決意が力強く響く。
ここは歌詞の内容を考えても少なくとも歌唱部分については最後に向けてクレッシェンドしていくのが自然だと思うが、多くの演奏が必ずしもそうではない。むしろ最後の mein treuer Wanderstab でデクレッシェンドして(それは1回目の一度 p に戻るという指示が念頭にあるのだろう)良く言えば沈潜していく風に終わる。

比較的新しい録音や演奏では最後に向かって力強さを増す、が多いように思われるが、それでも後奏のピアノ部分はおおむね冒頭の静かなムードに戻る演奏が一般的のようである。
ところがゲルネ・エッッシェンバッハ盤では歌唱が大きなクレッシェンドでほとんどフォルテに達して終わるだけでなく、末尾のピアノ伴奏も最後までフォルテ!しかもこれが決してフォルテッシモにならない、というか鍵盤叩きすぎ強すぎに決してならないまさにギリギリのところで、最後の一音まで含めてこの曲の本当の姿や(曲集における)意味が伝わってくる。
この演奏を聴けば続く「勇気」(これが「から元気」と適切に訳されていることも)の意味がわかろうというものだ。
そしてつかの間のから元気を過ぎると太陽が3つみえちゃう殆どホワイトアウトした世界に戻り、その冬景色の先に辻音楽師が見えてくる。

最後にこの部分の自筆譜です。

旅宿末尾自筆

    07:03 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://papayaisg.blog23.fc2.com/tb.php/783-97764e4a
プロフィール

ひろオジィ

Author:ひろオジィ

石垣島のひろオジィ 
オジィと称しているがおじいさんではなくおじさん。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。